病院や薬にばかり頼りたくないあなたのための健康情報をお届けします。

がんと脂質

ガンを遠ざけたいなら○○のバランスを考えるべし!

ドレッシングとサラダ

食べたものでしか、体はできません。

そして、細胞膜の材料は油なので、
良い油をとりたいもの。

 

先回、市販のオイルを買う時は
ちゃんと絞った本物の油、
低温圧搾」のものを選ぶべし!
ということを書きました。

ここまでは、油の製造方法によって
ガンを招かないようにしよう、というお話でしたが、

今回は脂質バランスに関する話です。

ちょっと具体的になってきますが、
がんの食事療法を考えている方は、
細胞の状態改善のため、
ぜひ理解していただきたい内容です。

ガン患者さんが取りたい、油のサプリも紹介しますので、
少し時間を取って最後まで読んでみてくださいね。

 ________________

脂質は人間が生きていくために
必ず取るべき栄養素なのですが、

必須脂肪酸には幾つか種類があり、
その摂取バランスが崩れることが、
細胞のガン化につながってしまうのです。

 

脂質もバランスが大切

人間が体内で作れない、
食事からとらなければいけない種類の油を
必須脂肪酸」といいます。

それには、

オメガ3系の油と
オメガ6系の油があります。

どちらも細胞膜の材料になりますが、

オメガ3はEPAになり
オメガ6はアラキドン酸に転化されて
全く逆の働きをして、お互いを補っています。

==================

◇オメガ3系
 (α‐リノレン酸)とは

・シソ油
・フラックスオイル(亜麻仁油)
・魚の油(サンマやイワシ、サバに多い)

魚以外は馴染みがないかもしれませんね。

[ 主な作用 ]

細胞を柔らかくする

血液サラサラ効果、血栓を抑制、

炎症を抑える、血管拡張

 

◇ オメガ6系(リノール酸)とは

・大豆油
・紅花油
・菜種油
・コーン油
・こめ油
・ごま油  など…

フライドポテト、カップラーメン、
天ぷら、スナック菓子、ドーナツ、
カレーライス、
ドレッシング、マヨネーズ

[ 主な作用 ]

細胞を硬くする

血液を固めるので血栓も作ってしまう

炎症を促進、アレルギー促進

==================

(ちなみにオリーブオイルはオメガ9系です。)

 

オメガ3と6のバランスの理想は

1:2 ~ 1:4

しかし現代の日本人はこの比率が

1:10 ~ 1:40

になっていると言われています。

オメガ6系を過剰にとっているという事ですが、
オメガ6系の油というのは、
炎症を起こしやすくし、
血液をドロドロにします。

結果的に様々な病気、もちろんがんの原因にも
なっているという訳です。

オメガ6系を減らし、

オメガ3を多めに取るべし!

ということがお分かりいただけたでしょうか。

つまりは

シソ油、フラックスオイル(亜麻仁油)、青魚

を意識的に食べると良いということですね。

 

食べ方に要注意!

オメガ3もオメガ6もどちらも
不飽和脂肪なので酸化しやすい
という特徴を持ちます。

特にオメガ3系は非常に酸化しやすい!

ですから鉄則は熱を加えずで食べる

ということです。

オメガ3はダイエットやアレルギーに良い、
などとTVで放送されたりすると、
多くの方がこぞってシソ油を購入なさいます。

そして、油といえばどんなものでも加熱して良いと
思われているようで、容赦なく炒め物に使っているケースがあります。

…が、絶対それはやめていただきたいのです ヽ(;▽;)

熱は加えないで使ってくださいね。

せっかく良いものを摂っても、
酸化させてしまっては台無しです。


◇ 使い方の例 ◇ _______

サラダのドレッシングとして
(塩、コショウ、+ フラックスオイル or エゴマ油)

人参ジュース、スムージーに混ぜる
(ビタミンAの吸収を助ける)

スープなどお料理の仕上げにサラッとかける

キムチやお刺身に付けて…
(マイルドなお味になります)

 ________________

 

魚の油(DHA/EPA)がおススメ

vcm_s_kf_repr_640x480

残念な点として、フラックスオイルも
シソ油も消化酵素の関係で吸収が悪い方もいらっしゃいます。

吸収を考えると魚の油を意識的に取りたいところです。
(私はサプリメントでとっています)

魚の油も熱を加えない方が良いので
お刺身でいただくのが一番!ということになります。

どうしても面倒な方は、缶詰を使うのも手軽ですね。
(もちろん添加物はチェック)

干物魚は太陽で油が酸化するのであまりおススメではありません。

 

がん患者さんに有効な油

アメリカでは、術後の炎症を抑えるため、
また、がんによる炎症性サイトカインを抑えるため、

病院でもDEA/EPAを大量摂取させる
という方法が取られることがあります。

特に炎症性サイトカインは食欲や体重を減らしてしまうので、
これに抵抗することで、がん患者さんの食欲を増進し、
体重減少を抑制することが確認されています。

また、ガン細胞が新生血管を作ることを
阻止している可能性も指摘されています。

質の良いDHA/EPAのサプリメントを
探すのは難しいものです。

ご希望の方には、栄養療法で用いるタイプの
ものをご紹介致します。

 

PS: 大野さんは、炒め物とか揚げ物には
何を使ってるの?とよく聞かれます。

私は酸化しにくい飽和脂肪酸の油を使いたいので、
バターかココナッツオイルで炒め物をしていますょ。

コメントを残す