自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんと脂質

がんを遠ざける油の選び方

前回、悪質な油とがんの関係、
また、
「悪質な油」とはどういったものなのか書いていました。

よく尋ねられるのが、
「じゃあ、どういう油を買えば良いのでしょうか・・・」
というもの。

良質な油は積極的に食べたいので、
今回は、「良質な油」とはどんなものか書いておきますね。

 

がんを遠ざけるために購入するべき油

油を購入する時の基準は、

  • 低温圧搾であること。
  • 瓶に着色されており、光で酸化しないようになっていること。
    (茶色のビンなど)

なぜ低温圧搾がいいのかというと・・・

先回も書きましたが、多くの植物油は
240~270℃の高温に放置して脱臭する過程で
突然変異を起こしてトランス化しています。

虫も食べないという油です。
プラスチックと同じ分子構造だから。

●●ド●●ドのポテトは腐らないし、
ハエも来ない…という話、聞いたことがある
かもしれませんね。

理由は、このトランス化です。

また、大量生産されている油は、
大豆など油の原料を絞っているのではなく、
薬で溶かして作っています。

それで、私は

「植物性油脂」

「食用精製加工油」

と書いたものは購入していません。

高温にさらさず、絞って作った「低温圧搾」を選びます。

ちゃんと、昔ながらに絞って作った本物です。

ちなみに、「一番絞り」とか「絞りたて」とか
書いていても低温圧搾でないものもありますから、
きちんとラベルの裏を確認してみてくださいね。

 

どこで購入できますか?

実は、普通にスーパーに並んでいる油に
低温圧搾のものはほとんどありません。

①自然食品店

自然食品店のような専門店では低温圧搾の油を
購入できます。
珍しい油も沢山あって楽しいと思いますよ。

少々高価ですが; 昔から油は高価なものでした。
大量生産できない、ホンモノの油は高くて当然なのです。
お薬代わりに使えたくらいですからね。

②インターネット

自然食品店が近くにない
という方は、インターネットで購入してください。

私が昔働かせて頂いていた自然食品店も
ネット販売に力を入れています。
ちなみに、インターネットで購入する方は
とても多いですよ。

住んでいる場所によっては、
なかなか手に入らないものでも、
ネットなら確実に購入できるのでホント助かりますよね。

③こだわりの強い生協

我が家はグリーンコープという、品質基準の高い
生協に入っています。
グリーンコープでも低温圧搾の油が買えます。

お住まいの地域で、同じような
基準の高い生協さんがあれば、
入ってみると良いと思いますよ。

 

本物は少し高いし、探すのも大変です。

でも、健康な体、健康な細胞のベースとなるのが油です。

がん細胞を増殖させないためにも
油は特にこだわりたいですね。

しかし、実は脂肪酸にはいくつも種類があって、
使い方も異なるのです

中には、がんの治療中に、もってこい!という油もあります。

その事も次回書いてみますね。

楽しみにしていてください♪

PS:アメリカのスナック菓子にだって
「トランスフリー」と書いてありますよね。

日本もトランス脂肪酸の規制をするように
なると良いですね。

 

コメントを残す