自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

著者プロフィール

profile

 

 

大野 真理(おおの まり)  

Healthy and Happiness 代表
(ヘルシーアンドハピネス)

 

臨床分子栄養医学研究会認定カウンセラー

サプリメントアドバイザー

CC認定コーチ

 

個人に必要な栄養素を見極めて、サプリメントだけでなく
食事からの栄養の取り方の提案まで行う健康カウンセラー。
コーチングの資格を持ちカウンセリングに生かしている。

NPO所属。

健康面のカウンセリング&コーチング、執筆、セミナー講師として活動中。

2016年~[福岡]学びのカフェ天神で毎月分子栄養学セミナー担当。

2017年1月~宮澤医院でのWEB問合せ担当。


 

気さくで話しやすい性格でとことん向き合う熱心なカウンセリング、セミナーの分かりやすさには定評がある。

20代の時に自然食品店 (有)自然館に勤務し自然食やサプリメントに精通。
日本古来の食事法(正食)、手当(てあて)、マクロビオティックを学ぶ。

その後、健康食品・健康器機販売㈱生活工学で代表を勤めた。

特にがんの代替療法を紹介していたが、その中で同じがん患者さんでも、特定のサプリメントの効果に差が出ることを目の当たりにし、各個人にあった栄養素を選択することの重要性に気づかされる。

一人でも多くの人を健康にする方法を模索する中で、分子栄養医学に出会う(H22年)。

がん患者さんに特に必要な栄養があり、必要な栄養素の量にも個体差が大きい事を学ぶ。

このサイトでは、QOL(生活の質)を維持した形で行える、がん予防、あきらめないがん治療を提案している。

 

■□  分子栄養医学とは  ■□

20世紀における最も重要な科学者の一人として広く認められ

二度ノーベル賞を受賞した、ライナス・ポーリング博士の造語。

身体のアンバランス・代謝を改善することにより、脳と身体に可能な限り

最適な生化学的環境をもたらそうとするもの。

具体的には、食事と栄養(ビタミン・ミネラル・アミノ酸・必須脂肪酸など)を

一人一人の必要量充分補完することによって治療しようとする方法。

がん治療に栄養療法を取り入れた方が治療成績が良く、患者さんの

QOL(生活の質)を高く保てることから、少しずつ注目が集っている。