「病気をやめる」という考え、面白いと思いませんか?

これは、心理技術アドバイザーの梯谷幸司(はしがい・こうじ)先生の使う表現です。

病気は自分で作ったものなのだから自分で辞めることもできる、という訳です。

とはいえ、やはり生化学的な状態を考えると、栄養素なしに身体は作れないので、栄養療法は必須だと思うのです。


そこで、梯谷先生の心理学と分子栄養学を掛け合わせた心理カウンセラーを養成する講座を馬籠純さんが発足しまして、(PNT養成講座)その2期生として現在勉強中です。


受講している中で、とても興味深い話を聞いたのでシェアしたいと思います。


がんを無くそうと思ってもがんはなくならない?!

仮に自分ががんと診断されたら、当然のことがんと首尾良く戦うために様々な情報を集めるでしょう。治療の準備として、もちろん必要な事です。


”全て先生にお任せします”と言う他力本願ではまず治療は失敗すると思っています。一時的にうまくいっても、いずれ再発します。


なぜならがんは全身の病気、生活習慣病ですから、がんを取り除いたとしても生活習慣を変えなければまた同じことを繰り返すだけだからです。


ですが、「がんを無くそう」と言う考えは危険な面があるのです。


理解を簡単にするために、例えにしてみましょう。


私が、「黄色い猿を想像しないでください」と言ったら・・

今、あなたの頭に浮かんだのは「黄色い猿」ではありませんか?


脳というのは単純で、一つのことしか考えられないようです。

黄色い猿について考えないようにしようと考えてる間は黄色い猿をイメージしています。


同じく、がんを無くそうと考えている間はがんについて考えています。


がんについて考えている間は、”自分=がん”のような感覚になっているので脳はその状態を維持しようとします。結果がんはなくなりません。


あなたが本当にやりたいことは何?

だったらどうしたらいいのか、というと、がんに思いを集中せずに別のことに集中すればいいのです。


梯谷先生のクライアントさんに、こんなことがあったそうです。


「がんであろうとなかろうと、あなたがやりたいことは何ですか?好きなものとかありませんか?」

と尋ねられて、その方は、


「実はカレーが好きなんです」


と答えたので、(確か、カレーの有名な地域にお住まいだったかな?)


「じゃあ、カレーを食べてレポートを提出してください」


とお話しすると、喜んで色々なカレー屋さんに行ってレポートを書いてくれたそうです。


南インドと北インドのカレーがあることや、ネパールのカレー屋さんは・・とか、カレーと一言で言っても色々違いがあることがわかってきて、楽しかったようです。


で、そうやって楽しんでるうちに、なんとがんは消えていたそうです!


カレーというと、スパイスはいいんだけど、ご飯が多いから糖質過多にならないかとか、脂質はどんなのを使ってるだろうかとか、塩分が多そうとか・・

がんに関しては色々気になりますが、そんなことごちゃごちゃ言わず、楽しんだんでしょうね!(毎日食べたわけじゃないだろうし)

これは特別な例・・・ということもないと思うのです。


あまり病気に集中ぜず、どうせ誰でもいつか死ぬんだから、やりたいことをやっちゃいなよ!という感じです。


喜びは最大の治療薬なのです。


さて、あなたの好きなことは何ですか?本当は何をしたいんですか?

ぜひ考えてみてください。


未分類の関連記事
  • 親の言葉が子供の病気を作る?
  • 自分の人生を自分でコントロールし病気をやめる人〜本当は何をしたいの?!
  • ワクワク?ワク○ン〜自分の健康を守ろう
  • ウイルスに負けない体に!オリーブ葉とビタミンCは使える?
  • 【番外編】インフル対策―そのマスクちょっと待った!
  • がんを遠ざける油の選び方
おすすめの記事
分子栄養学
がん発症の3,2%は医療診断被爆が原因  世界一の発症率!! CT普及が背景 【平成16年2月10日 読売新聞】 医療被ばくという言葉を聞い...
食事・生活習慣
がん治療、食事療法目的ではなくても「酵素」人気は根強いですね。 酵素を取り入れるために毎日野菜ジュースを手作りする方も多いようです。 酵...