周囲でインフルエンザが猛威を振るっているので

これはがん患者さん向けのブログですが、

急きょ番外編を書いています。

 

今年はA型といっても新種の

ウイルスになっていて、薬が効きにくいとか。

とにかく感染しないようにしたいですね。

 

マスクはだれのためのもの?

多くの人がインフルエンザの

対策としてマスクをしていますね。

 

でも、マスクをしても

インフルエンザの予防にはなりません。

保湿という意味では良いのかもしれませんが、その程度です。

あと、女性なら、意外とマスクした方が

かわいく見えたり…(笑)

あ、インフルエンザとは関係ないですね。

 

マスクは本来インフルエンザに

感染した人がするべきものです。

咳やくしゃみでウイルスをばらまかないために。

子供にも、くしゃみや咳が出る時は

必ず手を添えるようにと

大切なマナーとして教えたいものですね。

 

感染経路は粘膜しかない

要は感染経路を断てばいい訳です。

ウイルスの感染経路は?

のど、鼻、目、の粘膜からですよね。

==============

粘膜とは?コトバンクより

https://kotobank.jp/word/%E7%B2%98%E8%86%9C-111727

 ==============

手に付着したウイルスが

のど、鼻、目のいずれかから侵入する

事で感染するのですから、

感染を抑えるのに一番効果的なのは、

マスクやうがいより、

手洗い!という事になります

 4ea43bbc6edf9fb5373a4317c17398e3_s

手洗いをしても、ウイルスから

完全に逃れる事は出来ませんから、

のど、鼻、目は粘膜で覆われていて、

外部からの有害物質の侵入を阻んでいます。

 

でも、この粘膜が弱っていると…

ウイルスは関門突破!!

体内に侵入して一気に増殖します。

しかし、今度は免疫細胞が闘ってくれるので、

免疫力の高さが試されますね。

 

とにかく寝よう!

風邪予防には寝る事がとても大切です。

なぜだと思いますか?

1defbb6dcac72490e45e39e27fdfa164_s

 

これは、免疫力を高めることに加え、

先ほど出てきた粘膜とも関係があります。

体は生命にかかわる部分から

優先的にケアしますので、

皮膚とか粘膜といった生命に

直結しにくい部分の修復は後回しなんですね。

 

だから、活動していない寝ている間に

皮膚や粘膜は修復されます。

なのに寝なかったら、どうなるでしょうか?

修復されず、乾燥してウイルスが付着しやすくなります。

 

肌が乾燥している人も同じ理屈だったりします。

早くに寝たら、

翌朝のお肌の調子が全然違いますよね!

 

粘膜の材料は主にタンパク質とビタミンAです。

________________

がんと粘膜とビタミンAの関係を

ココに書いています。

http://healthy-happiness.jp/?p=914

________________

VA摂取のために

レバーやバターも食べましょうね。

ニンジンやカボチャは

油と一緒にとって吸収を良くしましょう。

 

亜鉛もいいので、

牡蠣のミルクスープとかもいいですね…♪

 

ちなみに、

ビタミンAは吸収しにくいので、

私はミセル化されたビタミンAをサプリで摂っています。

だから、今は喉が痛くなることもあまりないんです。

以前は毎日のように喉が痛かったのに。

 

あとは、怪しいと思ったら、

エキナセアやオリーブ葉

抗酸化力の高いサプリを摂れば、

ウイルスをはじき返せます!

 

*重要なのはこの3点*

・手洗い(ウイスル除去)

・粘膜強化(ビタミンA・B・C・タンパク質・亜鉛)

・免疫強化(ビタミンC・タンパク質・オリーブetc)

 

今日という一日を精一杯生きるために

ウイルスに負けてる場合じゃない!

上手に対策して楽しくやりましょう♪

 

PS: 「私はこんなインフル対策が効果的みたいです」

という情報を共有していただけると嬉しいです♪

下のコメント欄をご利用ください。

 

おすすめの記事
がんと脂質
健康に関する間違った常識というのは沢山ありますが、 特に多いのは油に対する見方かもしれません。 それが、がんの増加にも関係しているように感じ...