自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がん患者さんの食事法

がん対策に酵素が人気のワケ

最近は、がん治療、食事療法目的ではなくても
健康に気遣う方の間で、
「酵素」人気が高まっていますね。

酵素を取り入れるために
毎日野菜ジュースを手作りする方も多いですね。

もちろん酵素は熱に弱いので、
高速ジューサーの熱で酵素を壊さないために

低速ジューサーを使って作る
というのが基本ですよね ♪

でも、野菜ジュースを飲んでも、
それ自体は体内酵素にはなりませんのでご注意を!

体内酵素を作る栄養素に関して、詳しくは最後に…

 

しかし、酵素が大切なのはナゼ?!

ちまたで”酵素” ”酵素” と言われる理由を
知るために、酵素の働きについて
書いておきたいと思います。

「体の中で酵素が働いている~!」

…とは、全く感じないものですが、

実際は、生命活動に酵素は欠かせない存在です。

酵素 = 生命

と言う生化学者もいるほどです。

酵素が働かなければ、
取った栄養を活用することができないからです。

体内の酵素には2種類あります

・消化酵素
・代謝酵素

その働きはというと…

消化・吸収・合成・排泄・細胞の代謝・解毒
といった生命活動全般に関与しています。

木材や釘があっても、大工さんがいないと
家は建ちませんね。

同じように、タンパクやビタミンを摂っていても、
酵素がなければ体は修復されないのです。

つまり酵素は大工さんのようなものなのです。

 

生野菜・果物の酵素がしてくれる事

体を作り、すべてが機能するには酵素が不可欠!
ということはわかりました。

では、生野菜や果物の酵素は何をしてくれるのでしょうか。

それは、

体内酵素を節約するというお仕事です。

(先に書いたように酵素は熱に弱いので、
食品から酵素を摂るには生で食べることが原則です)

 

食事のはじめに、酵素の豊富な生野菜・果物をとっておくと、
食物酵素の働きで消化を助けることができます。

消化に必要以上の力がいらないと、
胃腸もスムーズに働くことができて、
栄養の吸収も楽
になります。

がん患者さんは腸の働きが
悪くなっているケースが多いので、
胃腸の働きをカバーして、栄養の消化吸収が
しっかり出来る状態に持っていくのは非常に重要ですよね。

 べジファースト 

という言葉が使われるようになりましたが、
特に生野菜や果物を食事の最初に食べるというのは
ダイエットや糖尿病対策だけでなく、
がん患者さんにも、がん予防にも効果的ですので
意識的にやっていきたいものですね。

 実は、生野菜・果物は、それ自体が体内酵素にはなりません

では、どの栄養素が酵素を作っているのでしょうか。

体内酵素の材料は何?

酵素を作る材料は何だと思いますか?

↓ 

 答えは!

酵素を作る材料はタンパク質なのです!!

たんぱく質から消化酵素も代謝酵素も作られます。

たんぱく質が不足すると、消化力が落ちますし、
代謝酵素もできないので、太りやすく、疲れやすく、
早く老化します。

NK細胞も充分作られず、がんと闘う力も衰えます

ですから、タンパク質をしっかり取ることが必要です。

がん患者さん特有の食事療法で、
なんだか体に良さそうな気がしても
野菜ジュースだけで満足してはいけません。

野菜ジュースも、肉も卵もお魚も、
なんでも満遍なく食べて、
しっかり体内酵素を守ってくださいね。

 PS:あなたの栄養対策をチェックできます。

ご希望の方は⇒「相談申し込み」ページ

コメントを残す