自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんと脂質

【動画】油でがんにならないために―どんな油を選べば良いのでしょうか?

がんと油シリーズ3回目の動画です。

前回、細胞のがん化を招く油として気をつけたいのは、

トランス脂肪酸

酸化したもの

という事をお伝えしました。

 (参考図書:「危険な油が病気を起こしてる」ジョン・フィネガンhttp://www.chuoart.co.jp/book/b8991.html

 

一つは製造工程に問題があるということでした。

では、どんな製法のものを購入すると良いか。

今回はその事をお話しています。(3分4秒)

 

 

 

 

マーガリンやショートニングは

見事にトランス脂肪なのでそれを知っている方は

購入していないと思います。

 

加えて

高温処理したり、ヘキサンという溶剤で材料を溶かして

作っている油も同じくトランス化し、

酸化しているため危険性が高いということになります。

 

それで、購入するときには、

・低温圧搾(コールドプレス)

・瓶に色が着いたもの

がお勧めです。

 

どこで購入できるのか、というと、

・自然食品店

・インターネット

いずれかでお求めになれます。

ぜひ探してみて下さいね。

 

良質の油を摂る事で細胞膜も改善して

がんだけでなく様々な病気を予防していきたいですね♪

 

PS:でも、植物油のほとんどは不飽和脂肪酸なので加熱すると酸化します。

ごま油や、オリーブオイルでもです。

炒め物、揚げものにはココナッツオイル

(飽和脂肪酸だから酸化しにくい)

がお勧めですょ。

もちろん低温圧搾の!

コメントを残す