自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんと脂質

【動画】油でがん?!がんを招く油ってどんなん?

112387

「がんと油」シリーズ2回目の動画です。

先回お話したように、

細胞膜はほぼ油で構成されている為、

質の良い油を摂るのは大切な事です。

 

逆に質の悪いものは「がん」他

様々な病気の引きがねになる

という事でしたでしたね。

 

だがしかし!

質の悪い油ってどんなものなのでしょうか。

その点、意外と誤解が多いのです。

ということで今回は、 

「がんを招くような油ってどんなもの?」

という疑問に3分で答えます。

 

 以下、動画内容をザックリ文章にまとめておきます。

 

悪質な油として 注意すべきなのは、この二点です。

 

⚫︎不自然な脂肪酸ートランス脂肪酸

⚫︎酸化したもの

 

トランス化とは、別の言い方をすると、

プラスチックと同じ分子構造

ということです。

 

油を大量に消費するアメリカでは

心臓病予防のために

トランス脂肪酸はかなり規制されています。

プラスチックを食べたら体に良くないのは当然です。

 

しかし、、、

日本では規制がないため、

ピュアとか、フレッシュとかトクホとか…

そんなステキな言葉に惑わされて

油の質に気を配る人は非常に少ないのが現状ですよね。

 

実を言うと、油の製造工程で、

多くの植物油はトランス化したり、

酸化したりしています。

 

そんなこと言っていると、

食べるものなくなりそう…ですか?

 ;^_^A

いやいや、そんなことないんです。

(いや、結構限られてくるが…。)

 

ちゃんとあるので(汗)

次回の動画では

どんな製造方法の油を選ぶと良いかお話しますね。

コメントを残す