病院や薬にばかり頼りたくないあなたのための健康情報をお届けします。

がんとの正しい付き合いかた

[がんとコレステロール]コレステロールを隠れ蓑にしている本当の敵は~!コイツだ!

vcm_s_kf_repr_299x222

動脈硬化の原因として、

悪者扱いのコレステロールですが、

実はコレステロール値が「低い方」が、 

がん死の確立が高い事が分かっています。

(詳しくはコチラ⇒  http://healthy-happiness.jp/?p=1160)

今回は、、、

動脈硬化を引き起こし、

 免疫を低下させ、引いては「がん」を招く

真の敵を暴きます!

(少しオーバーかな?笑)

 

コレステロールが高い方がカッコいい

私は、日本の基準値からすると、

 コレステロールが高い方です。

 でも、

コレステロールが高くて良かった ♪

と思っています!

なぜなら、

コレステロールは

高い方が

がんになりにくく、長生きで、

頭もよく、ホルモンバランスも取りやすいからです。

だから、コレステロールが少し高め

なのはちょっと自慢です(笑)

 
コレステロールの役割

神経、筋肉、赤血球、皮膚、内臓に多く、なくてはならない

細胞膜の主な材料

ホルモンの働きに関与

胆汁酸の材料(油の分解)

ビタミンDを体内で作る材料

VDは、細胞の分化を調整

するため、抗がん作用のある

栄養素の中心と言われるようになっています。

 

真の敵は何か

健康において敵を見間違う事は、命取りになります。

生命になくてはならないコレステロールを、敵視する事はそのひとつです。

がん死を早めないためにも、敵を正しく認識しましょう。

その敵とは…

    ↓

    ↓   

    ↓

 酸化 です。

 

コレステロールは脂質なので

「酸化しやすい」

という特徴があります。

 

LDLコレステロールを

悪玉コレステロールと表現されますが、

実際問題になるのは、

酸化LDL」です。

LDLは悪者ではない!

むしろイイ奴、めっちゃ善人です。
 

そういう訳で、

コレステロール値が高めな方が、

健康的なのですから、高めだったら

「お!よかったー!」

と思ってください♪

後は酸化しないように、

しっかり抗酸化物質をとっておけばよいのです。

 

結局どうすればいいの?

抗酸化力の高いものを取っておこう!

例えば抗酸化で

代表的なのはビタミンA、C、E、

DHA/ EPA。

私お勧めの

バイオ・ノーマライザー
(グリーンパパイヤの発酵食品)

は脂質の酸化を防ぐ力が強いのもスゴイんです。

 

血液検査で気にするべきは??

血液検査でマークするとすれば、

中性脂肪(TG)です。

中性脂肪が  150mg/dl  より上 だと高脂血症になり注意が必要です。

 

中性脂肪を高くする

大きな要因となるのは

糖質の摂り過ぎです。

スイーツ、お酒、白いご飯が

大好きな人は気をつけたいところですぞ。。。

既に、動脈硬化が進んでいるかもしれません。

がんリスクも上がります。

 

●脂質の管理に欠かせないのは?

中性脂肪、コレステロール共に

危険な高さの方はどうしたら良いでしょうか。


まず必要なのは食物繊維です。

腸に溜まった不要なコレステロールを

食物繊維にからめて

排出してくれます。


では、食物繊維が多いのは?

野菜や海藻ですね。

と言うことは、

肉食が悪いのではなく、

野菜をとらないことが問題なのです。

 

今回の話をまとめると、、、

 ・コレステロールを下げると不健康になりがん死を招きやすい

・敵はコレステロールではなく、油が酸化すること

・酸化しないように抗酸化物質をとるべし

・血液検査では中性脂肪を気にしよう

・不要なコレステロールを出すには野菜、海藻を食べよう

 

ぜひ実践してみてください。

 

コメントを残す