「飽食の時代」「食の欧米化」

これがガンを招いているとよく指摘されますね。

栄養が取れるのは幸せなことですが、

食べてるのに病気になるなんて残念ですよね。

 

ですが、単に栄養が豊富だからガンが増えた訳ではあません。

何事もバランスの問題です。

 

これまでの動画では、

油の質、特に製造方法に関する事を述べていましたね。

トランス脂肪酸の危険や、

高温処理し、ヘキサンなどの溶剤で溶かして作る油ではなく、

昔ながらに絞った油、

低温圧搾(コールドプレス製法)のもの

を選ぶと良いですよという話でした。

 

今回も油の話なんですが、

今度は脂質バランスの話です。

がんだけでなく、アレルギーや

動脈硬化は、脂質バランスが大きく崩れている事が問題なんです。

 

どういうことなのか、動画をご覧ください。

先にネタばらししますと…

・オメガ3:オメガ6比、どんだけ崩れてんねん!

・オメガ6を摂り過ぎるとこうなる。。。

・じゃあ、どうすればいいのかな?

 といったことを3分1秒で語りました。

 

短時間で沢山話そうとして、

つい早口になってます…

ゴメンなさい; 笑 

 

 

 

以前のコチラの記事で、さらに詳しく書いています。

気になる方はご覧ください。

 http://healthy-happiness.jp/?p=364

 

 サプリの相談したい方は申し込んで下さいね。

【 申し込みURL 】

https://24auto.biz/atumeru/touroku/entryform3.htm

関連キーワード
がんと脂質の関連記事
  • 【動画】脂肪酸バランスの乱れがガンを招くってどういう事?
  • 【動画】油でがんにならないために―どんな油を選べば良いのでしょうか?
  • 【動画】油でがん?!がんを招く油ってどんなん?
  • 【動画】油でがんになる?!
  • [がんとコレステロール]コレステロールを隠れ蓑にしている本当の敵は~!コイツだ!
  • ガンを遠ざけたいなら○○のバランスを考えるべし!
おすすめの記事
がん患者さんの食事法
健康相談の中で度々、「体温を上げたい」「身体を温めたい」と言われます。 体内酵素が活発に働く体温は36.5度~37度と言われているので、体温...
分子栄養学
最近は、分子栄養学そのものに興味を持つ人が増えてきた実感があります。そこで今回は、分子栄養学とは?ということをその歴史を交えて書いてみます。...