病院や薬にばかり頼りたくないあなたのための健康情報をお届けします。

サプリメント

[サプリメント]タンパクを奪うがんに対抗するためのサプリ

f2a43b356c8ad3b169c633b61d129872_s

衝撃かもしれませんが、

がんという病は、多くの場合、

がんではなく、栄養欠損で死に至ります。

 

以前、がん患者さんは特にお肉、魚、卵といった

吸収の良いタンパク質が通常より沢山必要です

とお伝えしていました。

 

がんは体タンパクを奪うからです。

私達はタンパク質の塊ですから、

たんぱく質を奪われたなら

その分、沢山補給しなければいけません。 

================

がん患者さんはタンパク質が1.5倍必要…

そもそもタンパク質って何ですか?

http://healthy-happiness.jp/?p=1091

================

 

でも、消化出来ない時、どうする?

がん患者さんは病によって、

(あるいは薬の副作用で)

消化機能が落ちていることがよくあります。

 

タンパク質はビーズのように

繋がった状態なので、それを分解する消化酵素が必要です。

消化酵素もタンパク質から作るので、

弱っている時はタンパク不足で十分消化できなくなるんですね。

 

ちなみに、

お食事の際は(特に肉料理の時)、

消化を助けるために

・レモン水を飲む

・パイナップルやパパイヤを食べる

と良いですよ。

 

しかしがん患者さんは通常の1.5倍ほど

多くのタンパク質が欲しいので、

食事からでは追いつきません。

 

そこで、栄養療法では、

吸収しやすくしたプロテインパウダーを使います。

 

それでも消化できない時は、

タンパク質をバラバラにした状態のアミノ酸を摂る事ができます。

必須アミノ酸のサプリメントを摂るということですね。

 

余命に関わるのはこのアミノ酸?!

 以前お伝えしましたが(下記参照)

 がん患者さんが治療に耐えられるかどうか、

余命をのばせるかどうかは

アルブミンというアミノ酸が大きく関わっています。

================

がん治療ができる体力を知る目安

 http://healthy-happiness.jp/?p=282

================

 アルブミン値を上げたい!

という時に使いたいのは

BCAAというアミノ酸3点セットです。

(バリン・ロイシン・イソロイシン)

これもサプリメントの形で取る事が可能です。

 

食べる事も難しい状態なら

病院でアルブミンの点滴をしてもらうという方法もあります。

 

その時に出来る方法で、

アルブミン値を維持し、低タンパク状態にならないようにしましょう。

 

7385ba5b398d51d97b83837512c7bd71_s 

まとめると、、、

がん患者さんの栄養欠損を防ぐため

タンパクを維持するために摂ると良いサプリメントをまとめると、

  • 吸収の良いプロテインパウダー
  • 必須アミノ酸
  • BCAA

の3つです。医療機関では,

  • アルブミン点滴

という方法があります。

 

患者さんの状態に合わせてあきらめずに

試してみられると良いかと思います。

 

 

コメントを残す