自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんと免疫

お笑いはがん患者を救う!笑い療法

私の娘は大の「笑点」好きです。

日曜の夕方に出かけるとなると、笑点を録画予約しています(笑)

 

そんな、笑点ファンの娘に夢のようなチャンス到来!!

福岡で笑点の公開収録があるということで、

観覧募集のお知らせが!!

「応募しなくっちゃね♪」と、ちゃかしていましたが、

もちろん本人は本気!速攻応募!

そして、…… 

本当に招待が来てしまいました!(笑)

ということで、私もおこぼれに預かって、
親子で生の笑点を楽しませて頂きました♪

前座に始まり、落語に園芸、二週分の大喜利…

ず~っと笑いっぱなし、張り切って拍手~!帰りはヘトヘト。。。
だけど、ニコニコで、夢のような時間でした。

 笑点

笑い療法

 
実は、「笑う」ということが、

体にどんな影響を及ぼすのか、大真面目に研究されています。

日本医科大学准教授の高柳先生は、

「心と体は密接につながっていますが、

両者をつなげているのが自律神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、

笑うと副交感神経にスイッチが入り、それによって

リンパ球の中のNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化されるのです」

と述べていらっしゃいます。

笑うことが免疫に与える影響について、
高圧酸素室を使った実験をされています。

この実験では、10人の学生さんに1時間、

ストレスを感じる高圧酸素室に入ってもらい、

NK細胞活性値を測定するというものです。

当然ながら、皆、入る前よりNK活性値はがってしまいました。

一方、同じ部屋で、やはり1時間、

お笑いのビデオを見て過ごしてもらった10人は、

NK細胞値が3割もアップしたのです!

笑療法NK細胞活性

 

笑だけでガン細胞が消えてなくなると

期待するのは難しいかもしれませんが、

笑いの力は非常に素晴らしいものがあります。

実際に笑わなくても、口角を上げて笑顔を作るだけでも

NK細胞の活性が上がることも分かっています。

筋肉の動きによって脳の自律神経が

副交感神経に傾くからのようです。

先回、腸と免疫に関しても書きましたが、

腸も感情の影響を非常に強く受けます。

これも自律神経の影響でしょうね。

体はつながっているのですね。

 

がん予防のためにも、くよくよせずに、

ぜひユーモアのセンスを持ちたいものです。

可能なら、ストレスの強い環境からは脱出してください。

また、落語を聴いたり、コメディータッチの映画を見たり…

あなたが笑顔になったり気持ちが元気になるものを

見聞きしてみてくださいね。

がん患者さんは、泣けるドラマばかり見てはいけませんね。

ハイ!口角を上げて~!スマイル♪

 

PS:このブログは真面目に書いていますが(実際、かなり真面目な人間です)

自分では、根っからの三枚目キャラだと思っています。

そんな私を知る友人に、

面白いブログにするために、「ナウシカ」のコスプレで

動画を撮るべし!と言われています。(なんでやねん!?笑)

そういう趣味も経験もないのですが…;

でも、あなたが笑ってくれるなら、それもアリかな?と思い始めています(笑)

(調べたら、ナウシカ衣装、Sサイズもあるやん!!すごい!)

ということで!

いつか、ナウシカが登場するかも。

乞うご期待!…?

ナウシカ

…なんて、やりませんよ。多分。

コメントを残す