自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

未分類

胃薬が手放せない日本人が抱える胃がんリスクを一週間でクリアする方法

男女とも胃がんは死因の第2位

でも、胃がんは環境因子が特に強い病気なのです。

だったら、できることはやっておきたいですよね。

 

胃がんの原因は意外にも…菌!?

胃がんと密接な関係にある

と言われているのは、

ピロリ菌です。

1994年にWHO(世界保健機構)が

ヘリコバクター・ピロリ菌は

確実な発がん因子だと認定しています。

 

ピロリってかわいい響きですが、全然かわいくありません。

ピロリ菌はすごく困りものです。 

これがピロリ ↓↓↓ かわいくないでしょ。 

ピロリ菌

ピロリ菌は胃粘膜の中で

アンモニアを出して、胃炎を起こさせます。

進行すると委縮性胃炎になって、

胃の粘膜が薄くなってしまいます。

委縮胃はすでに前がん状態なので、

早急に十分のケアが必要です。

 

=================

「ためしてガッテン! 胃潰瘍の人は除菌」
 http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20100127.html

さすが、ためしてガッテン!

わかりやすいので、参照しておきます。 

=================

 

なんと50歳以上の日本人8割がピロリ菌の保菌者なんです。

だから日本人は胃がんが多いのですね。

 

その上、忙しさにかまけて栄養状態が悪いと

胃粘膜を保護するビタミンAが不足します。

タバコを吸う人口も多いし、

そう言う人に限って塩濃い味が好き。

その上和食は意外と糖質過多になりやすい…。

 

そりゃ~胃がんになる訳だ(泣)

という環境なのです。

 

こんな人はピロリ菌の検査を!

・胃薬が手放せない

・ストレスで胃が痛くなる

・胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったことがある

そんな方は、一度検査して

ピロリ菌がいないか調べておきたいですね。

 

除菌はどうやってするのかというと、

1週間から2週間、抗生物質を飲むだけです。

除菌すれば、かなり胃がんリスクを下げる事が可能です。

 

ピロリ菌がいなくなると、

不快な胃の痛みがなくなるだけでなく、

栄養の吸収が良くなるので、

健康状態が大幅に改善されます。

 

女性は特に貧血改善が早まり、

それに伴う不快な症状を改善しやすくなります。

鬱症状もピロリから来ている事があるんですよ。 

 image01

虚弱なタイプは注意が必要

ただ…虚弱なタイプの人には

除菌はあまりお勧めできません。

 

血液検査でアルブミン値の低い人は

薬も運べませんので

ダメージばかりが大きくなってしまいます。

除菌しても失敗する可能性がありますしね。 

 

除菌に使う抗生物質は、

腸内細菌の善玉菌も殺しますから

腸内フローラがボロボロになって更に免疫が落ちます。

 

ピロリ陽性の人がみな胃がんになる訳ではないんです。

そのうち胃がんに移行する人は1%もいません。

ですから、

除菌できなくても時々ペプシノーゲンを調べて

粘膜の委縮度や炎症の度合いに注意しておけばOK。

 

時間がかるかもしれませんが、あせらず、

まずは栄養状態を改善してから

除菌するかどうか考えてみてはいかがでしょうか。

 

まずは今するべき事を

ご相談頂く方が良いと思います。

 

ご相談を希望する方はコチラから

https://24auto.biz/atumeru/touroku/entryform3.htm

コメントを残す