自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんと免疫

免疫を上げたいがん患者さん―抗生物質を飲んだらどうなる?

インフルエンザ感染のニュースが

入って来ていますね。

健康相談の中で頂いた質問ですが、

少し一緒に、こんなケースを考えてみて下さい。

 

熱が出て、病院に行きました。

インフルエンザは陽性では

ありませんでしたが、

「念のために」と抗生物質が出されました。

飲まなければいけないものでしょうか?


さあ、あなたならどうしますか?

 

いきなりですが、問題です!

そもそも、抗生物質って何に

効くんでしょぅ~か??
 
 ↓
 
 ↓
 
 ↓ 考えてみてね

 ↓

 ↓

 ↓ 

はい!答えは…

抗生物質は、

細菌を殺す

ことに役立ちます。

だから、コレラ菌とか、結核菌とかに効く訳です。

抗生物質が普及したお陰で、

細菌性の恐ろしい病気での死亡率が低下しました。

 

ウイルスに抗生物質は効かない

抗生物質は菌を殺す、ということでした。

では、風邪の原因は細菌ですか?

答えは、NO

風邪の原因はウイルスです。

 

ウイルスと細菌って同じですか?

違いますね。

ということは、

風邪に抗生物質は効くでしょうか?

いいえ。効きません。

 ce81cd70fa6438c2081cd293ed9bf26e_s

えぇっ!!…ですよね?

 

では、なぜ”念の為に”と

抗生物質を処方されるのでしょうか。

それは、免疫力が弱っていて、

菌に感染しやすい状態だからです。

 (えっ!免疫が下がってるなら上げればいいじゃんと思うのは私だけ?)

大義の為なら善人も殺せ?

抗生物質を安易に使用するのは

自分が良い細菌に守られて生きていることを

知らないからかもしれません。

 

抗生物質の乱用は、

犯罪グループを抹殺するために

善良な市民をも巻き込んで

町全体に爆弾投下するのと同じようなやり方です。

(抗ガン剤と同じ方法論ですね…)

 vcm_s_kf_repr_806x645

抗生物質は、悪さをする細菌だけでなく、

私たちの体内に住む、

“善良な市民”である

善玉菌も殺してしまいます。

 
善玉菌が減る事で免疫力が下がる

免疫細胞を教育しているのはどこか、というと…

腸なんですね。

(ガン細胞を撃退!NK細胞は腸で育つ⇒http://healthy-happiness.jp/?p=466

腸の環境によって免疫力が決まるということを考えると、

大切な善玉菌を死滅させることが

体全体ダメージを与えることをご理解頂けると思います。

 

例えば…

○ひとまず風邪は治るとしても抗生物質によって免疫が

ってしまっているので再び風邪をひきやすくなります。

○腸を弱めると栄養を十分吸収することもできません

アレルギーをお持ちなら悪化することも十分ありえます

○がん患者さんにとって、

免疫力低下は、がんと闘うパワーが下がるとを意味します。

 

後々のダメージを考えると

極力、抗生物質はとりたくないものですょね。

本来、風邪は自力で治りますから、

栄養と休養を取って自然に治したいものです。

 

そもそも、免疫力が落ちていたからこそ

ウイルスにも負けてしまったのですから、

そんな時こそ、

免疫力を上げることに注意を集中するべき時ではないでしょうか。

 

PS :「 がーん!抗生物質、もう使っちゃったよ~;」

と言う方は、

腸内細菌を増やすために

乳酸菌や発酵食品をしっかり摂ってケアしてくださいね。


PPS : 免疫力を上げるためにサプリメントを使えます。

これも、できるだけ自然に近いものがおススメです。

良いものをお探しの方は無料相談をご利用いただけます。

 http://healthy-happiness.jp/?page_id=546

コメントを残す