自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんと糖質

糖尿病から「がん」になりやすいのはナゼ?

dc83906d4f74473ab7521b98dd5ef46d_s

国立がん研究センター

予防研究グループの調べで、

「糖尿病既往ありの人は

後にがんになりやすくなる可能性がある」

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/288.html

と述べています。


様々な研究によって、

糖尿病は大腸がん、肝臓がん、

膵臓がん、乳がんの有意なリスク上昇と

関連していることがわかっています。

 

また、糖尿病患者さんの死亡理由に関して、

血管がボロボロになる関係で

脳梗塞や心筋梗塞が原因で死亡する人が多いと思われがちです。

 
ところが実際は、

ガンで亡くなる方が一番多く

心筋梗塞の3倍以上の死亡率と言われます。

 

糖尿病だとがんになりやすい理由

その理由は幾つかありますが、

一つは「高血糖」がキーワードです。


ガン細胞は増殖し転移するための

エネルギー源として、ブドウ糖を利用します

ガン細胞は正常細胞の6倍以上もブドウ糖を消費しますから、

糖尿病のように、血液中にブドウ糖があふれていると、

ガン細胞は元気に成長してしまうのです

 

ガン細胞がブドウ糖を吸収しようとする関係で、

ガン患者さんが低血糖症の発作が起きることもあるほど。

 

少し前に、肥満を避けるために低GI食品

勧める記事を書きましたが

(⇒ http://healthy-happiness.jp/?p=1327

血糖値が急に上がらない食事法は、

糖尿病の予防、改善、ガン予防、全てに通じますね。

 

自律神経との関連

糖尿病とがんの共通点の一つは、

自律神経の乱れが悪化の原因になるという事です。

 

お話ししていても感じるのですが、

糖尿病の方も、がんを患う方も、

比較的神経質で、頑張り屋さんが多い印象です。

 

「ストレスが”がん”を生むしくみ」
(⇒http://healthy-happiness.jp/?p=215

の中でも触れましたが、


頑張り過ぎてストレスがかかる状態が続く事で

交感神経が優位になり、

その結果、免疫が低下し

更に大量の活性酸素が発生し

ついには病気になってしまうんですね。

 

頑張り過ぎないで、

リラックスする時間を作ることが大切❤

心の栄養”も必要という訳ですね。

e3416008f453b1fae7d454551fa9db3c_s

 ある意味一挙両得!!


あなたは、現在糖尿病が気になっていますか?

そうだとしたら、

健康的な食事、運動、減量、

禁煙、禁酒といった努力が、

糖尿病とがん両方のリスクを下げることにつながりますので

ぜひ引き続き頑張って下さいね!

 

コメントを残す