自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんと鬱状態

がんの食事療法が招いた鬱~Uさんの場合~

良かれと思って行った”がんの食事療法
鬱(うつ)
を招くこともあります。

前回そんな事を書きましたが、
 ⇒http://healthy-happiness.jp/?p=690

その例として私の大好きだったUさんの事を書いてみますね。

 

大好きだったUさんの話

もう、20年近く前の話です。

ゲルソン療法がアメリカで流行っていた頃。

私が親のように慕っていた、大好きなUさんは、
30代後半で乳がんを患いまいました。

Uさんは、少し日本人離れした、
目鼻立ちの美しい素敵な女性でした。

とっても穏やかで、賢く、愛情深く、
ちょっと怖がりで、チャーミングな性格。

いつも猫を飼っていました。

娘さんたちと幼なじみだったので、
夏休みは一週間くらいお泊りしあって、

兄弟のように仲良くさせてもらっていました。

本当にお世話になったとつくづく思います。

 

そんな彼女がガンの末期だと聞いた時の
ショックを想像できるでしょうか。

とても信じられませんでしたし、信じたくなかったですね…。

乳がんが見つかった時、
すでに標準医療では手の施しようのない状態でした。

医者からは何もできることはないと言われましたが、

メキシコで行われている
がんの代替療法に改善例が多く見られると聞き、

友人をたどって治療を受けることにされました。

結果的にどうなったか、というと…

今の医療で、この状態で生きている人を見たことがない

と日本の医者が驚くほど延命したのです。

何しろ、癌が皮膚を食い破って外に出ていましたからね…;

 
性格が変っていく…

しかし、最後の1~2年間は、
人が変ったように少し気難しい感じになってしまいました。 

肺に転移して息が苦しそうだったので、
誰だってそうなるだろうと思います。

鬱状態になっているのだな
ということも感じられました。

ただ、なぜそうなってしまうのか、
その時には栄養の知識もなかったため
理解できませんでした。

鬱病という言葉すら
まだメジャーではない時代でしたから。

ただ、大好きなママが変っていくのを
見なければいけない友人が気の毒でなりませんでしたね…。

まだ、私たちは二十歳過ぎたくらいでしたから。

若い彼女にはあまりに辛い試練でした。

a38c28c86303f2d8510ca5ea9ae83740_s

 

食事療法が鬱の原因にもなる

今思うと、Uさんは、厳格な食事療法を実行していました。

それが鬱状態を招いた理由の一つだったかもしれません。

ゲルソン療法に近かったと思います。

基本的に玄米菜食で、肉、卵は一切食べない。

魚もフレッシュなものを少し。(冷凍はダメ)

塩、砂糖も排除。ハチミツは本物を少し。

このお陰で延命できた訳ですが、
この厳格な玄米菜食、動物性タンパク排除には、

欠点もあります。

鬱の原因になったのは、
動物性タンパクを排除した事だと思われます。

コレステロール値が低くなることと、
鉄欠乏になること

どちらも鬱を招く栄養の欠乏症です。

がん患者さんはただでさえ、この傾向があるのに、
動物性タンパクを意識的に排除することで、

さらにバランスを崩します。

脳に栄養が不足すると、
人格まで破壊されたようになり、幸福感が失われます。

QOL(高い生活の質)を考えた食事療法でなければ、
患者さんやその家族の幸せには結びつかないように感じます。

今だったら、Uさんをもっと助けられたのにと悔やまれます。

ただ、Uさんの闘病生活を見ていたことが、
今の私に大きな影響を与えていることは確かです。

 
がんとの闘いは精神面のカバーも重要

がんと鬱(うつ)が併発する大変さは、
経験しないとわからないものです。

ただでさえ、病気に対する不安感による
精神的ストレスがある上に、
ガン細胞は大きくなると貧血を進行させるので、
精神的に辛い状態になります。

異常な不安感、恐れ、やる気の低下、怒り、イライラ…

このような状態は本人も辛いですが、
家族も穏やかさを奪われます。

なぜ、そうなってしまうのか、
原因がわかれば対応しやすくなるものです。

しかし脳の栄養欠損をカバーする
病院は非常に少ないのが現状です。

脳に影響が出ている時は、
本人が自分で対応するのが難しくなりますので、

ご家族からご相談いただければと思います。
一緒に対処法を探しましょう。

「相談申し込み」ページ

コメントを残す