私には3つ年下の弟がいます。

彼は子供の頃からなぜか雑学王です。姉としては面目が保てず、ちょっと悔しい訳です。

(どうやら私は負けず嫌いな面倒くさい姉のようだ)

 

しかし!雑学王な彼さえ、

 

ビタミンCに関しては一般論しか知りません。

ニヤリ( ̄ー ̄ )

ビタミンCは沢山とっても排泄されるから、

サプリで摂っても無駄らしいよ

出たな!雑学王!

 

実は、ビタミンCの必要量として知られているのは壊血病にならない程度という低い基準です。

 

一日に必要と言われているのは100mg程度。

 

それ以上摂っても排泄されるので、食品から取れる量で充分という考えが広まっています。

 

ま、

今すぐ病気にならなければいい、

と思うのであればそれで事足りるのでしょうが…

 

井戸の水がいつもギリギリだと、容易に底を尽き即生活に支障が出ます。

でも、いつもたっぷりあれば、沢山必要になった時でも対応できますよね。

 

それと同じで、ビタミンCはたっぷりあった方がより健康で、イキイキ、はつらつ、お肌も血管もプリプリでいられます♪

 

逆にビタミンC濃度が低くて、

いつも井戸水がカラカラ限界な人はどうなるかというと… 

血中ビタミンC濃度の低い人は

 

・免疫力が弱く病気しやすい

・血管がもろく破れやすい

・お肌がヒドイ(シミ・シワ・くすみ)

・関節痛が出やすい

・傷の回復が遅い

・ストレスに弱い

・ガン細胞と闘えない

・がんが再発しやすくなる

 

… ということになります。

 

ビタミンCはどれくらい必要?

一般論での一日のビタミンC必要量は100mgでしたね。

でも健康な状態、病態改善を目指すなら、

少なくともその10倍の1,000mgは必要です

がん患者さんなら、100倍。

10,000mgは欲しいのです!

 

 

 沢山取っても排泄されるという説はどうなの?

―ですよね?

 

確かにビタミンCを大量に摂取すると、一部はビタミンCのまま膀胱に行きますが、これは単に過剰分が排泄されるのではありません。

 

ビタミンCが膀胱内でニトロソアミンの生成を抑えたり消毒効果で尿路感染症を防ぐ働きがあります。

大腸に達するものもあり、同じように消毒効果を発揮します。

 

そう考えると、増加傾向の止まらない大腸がんの予防にもビタミンCをしっかり摂った方が良い訳です。

 

そんな話をしていると、大抵、「D○Cとか、ネ○チャー○イドとかどうですか??」と聞かれます。

 

ん~…公には言いにくいですが…

その件はまた別の機会に!

 

 

 PS: がん治療をお考えなら、ビタミンCの経口摂取だけでなく点滴療法も併用されると良いですね。

「ついに医学界でも認められた!副作用のない抗がん剤高濃度ビタミンC点滴療法」

http://healthy-happiness.jp/?p=1013

こちらをご参照ください。

 

関連キーワード
ビタミン, 栄養素の関連記事
  • あなたは疲れやすい?肝臓ヤバそう?頭がオカシイ?胃がん手術する?だったらコレ!
  • 抗ガン作用の高いビタミン●の上手な使い方&厚生労働省が効果ナシと言う理由
  • がん闘病に欠かせないビタミン選びの注意点
  • 抗がん作用の高いビタミンCーでも、沢山取っても排泄されるんじゃないの?
  • ビタミンA欠乏でガンになる?!過剰症を気にせずにしっかり摂る方法
  • のど風邪になりやすい人が胃がんにもなりやすい訳
おすすめの記事
サプリメント
「治療が始まるのでサプリメントをやめておきます」 と言う方もいらっしゃいます。 医師からサプリメントについて 否定的な意見を聞いたというのが...
食事・生活習慣
ある少人数のセミナーでのこと。 その時は、ご主人に関するご相談がほとんど。肝心のご本人は食事やサプリメントでの健康管理には今ひとつ積極的でな...