病院や薬にばかり頼りたくないあなたのための健康情報をお届けします。

がん患者さんの食事法

酵素ドリンク―がんには要注意の理由

酵素ドリンク

健康にもダイエットにも大人気の「酵素」。

最近は様々な「酵素ドリンク」が次々に出ていますね。

がん治療目的で使用している方も少なくないはずです。

体の働きにはすべて酵素が関わっていて、
酵素がなければ体を作ることも動かすこともできません。

しかし、本当に酵素をとれるサプリメントを
見つけるのは難しいのが現状です。

どういう事かと言うと…

酵素じゃない?!

一般的に”酵素ドリンク”として売られているものを
どのように作るかご存知ですか?

割と詳しく説明したものもあるので、ご存知かもしれませんが、

野菜や果物を”糖分”に漬け込んで作っていますよね。

つまり、沢山のお砂糖に漬け込んで発酵させた
発酵ドリンクです。

実は酵素とは言えない飲み物なのです。

よく成分を見ていただくと、
「発酵飲料」などと書いてあるはずです。

確かに砂糖と香料・着色料だけの
清涼飲料水より、100倍いいでしょうけど…

「酵素」を謳うと、大いに誤解を招きそうです。

 

酵素の弱点ゆえに「酵素ドリンク」には酵素がナイ!

酵素の弱点は

  • 70℃の熱で変性する(加熱殺菌で失活)
  • 酸に弱い(胃酸で変性)
  • 酵素は高分子(腸壁から吸収されることはほとんどない)

といった事です。

市販されている酵素食品は、
発酵が進んで瓶がはじけたりしないように、

加熱殺菌しなければいけません。

ですから、仮に酵素が含まれていたとしても、
加熱された時点で酵素はなくなっています。

それを考えても、
「酵素ドリンク」から酵素は摂れないのだな、
ということは理解しておきたい所です。

 

がん患者さんには勧められない理由

ガン細胞は糖を好み、正常細胞の6倍も糖を消費します。

ですから、糖分の摂取には注意したいところです。

例えば、生野菜を食事の最初に食べて
血糖値が急に上がらない食事を心がけ、
糖質の摂取量を控え目にするべきです。

しかし、よくある酵素ドリンクは、
野菜・果物を砂糖漬けにし発酵させたものです。

あえて糖分の多いものを
飲むというのは勧められません。

 

もちろん、酵素系の商品もピンからキリまであります。
しっかりと臨床まで取り、学術論文のあるものもありますので、
全てを否定するつもりは毛頭ありません。

がん患者さんに特にお勧めしたいものもあります。

しかし、やはり「酵素ドリンク」の購入に関しては、
よく吟味する必要がありそうですね。

PS:栄養相談できます。「相談申し込み」ページ 

コメントを残す