病院や薬にばかり頼りたくないあなたのための健康情報をお届けします。

がんとの正しい付き合いかた

ストレスが、がんを作る仕組みとは

62b36b485ae907888e4d01b7dbda8054_s

がんになる一番の原因、聞いたことありますか?あなたはどう思いますか?タバコ?お酒?

 :

 :

実は、がんの一番の原因は、ストレスだと言われています。

がんだけでなく、糖尿病、アレルギー、うつ病…どれも、長年のトレスが引き金で発症すると言われます。なぜ、ストレスが病気にまで発展してしまうのか、その仕組みががわかると、対処法もわかってきすよね。

それで、ちょっとややこしいですが、特にストレスが”がん”を作ってしまう自律神経仕組みについて書いてみますね。

ゆっくり読んでみてください。

  ストレスが、がんを生む仕組み 

現代人は、働きすぎ、心の悩み・不安、薬(科学物質)の長期使用といったストレスにより、「交換神経」が優位になりがちです。

体にとって緊張状態が続き、交感神経が優位になると、白血球の中の「顆粒球」が沢山作られます。

「顆粒球」は外から侵入した細菌と戦い感染症を防ぐという、体にとって良い働きをしていますが、増えすぎると、体内の常在菌を攻撃し炎症を招きます。

顆粒球は火の炎のようです。丁度良くあるときには有用な働きをしますが、ありすぎると家事になるのですね。

「炎」がつくもの、例えば急性肺炎、肝炎、虫垂炎、胃腸炎、腎炎、膵炎、口内炎、ニキビの原因になります。

また、増えすぎ顆粒球は活性酸素を発生させます。
そして過剰な活性酸素は細胞に傷をつけ、がん化させてしまうのです

ちなみに、活性酸素は組織の老化を促し、シミ、シワ、動脈硬化、糖尿病…といったその他9割病気の原因となっていると言われています!

さらに…

交感神経優位でアクセルふかしっぱなし!アドレナリン出まくりだと、血管が収縮し、血流が悪くなります。つまり、全身の血行が悪くなってしまうのです。

そうなると、新陳代謝も悪くなり、特に使いすぎているところや弱いところに反応が出始めます。

まとめると…

体に過剰なストレスがかかる

   ↓

交感神経が優位になる

   ↓
顆粒球が過剰に放出される

  ↓

活性酸素が大量に発生

   ↓

細胞が、がん化する


これが、ストレスから自律神経が乱れ、細胞ががん化する原因ではないかと考えられています。

がんという病気は、元をたどれば、ストレスによって「自律神経のバランス」が崩れたことが発端という説ですね。だったら、自律神経のバランスを取る方法があると良いですよね。

どこでもだれでも簡単にできる良い方法が一つあります!

それはまた次回に書いていきます!お楽しみに♪

 

 

2016年11月12日東京セミナー開催!

詳しくはコチラ「がんを知り栄養で対策!わかりやすい 分子栄養学セミナー」

【残席5!】今すぐお申し込みください!!

 

健康相談・サプリの相談できます

カウンセリングを受けて頂いた方には、海外の高品質で安価なサプリ、日本のドクターが処方する高濃度サプリ、今のあなたに必要なサプリメントを提案できますのでぜひご利用ください。

 

コメントを残す