自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんの三大療法

がん治療ができる体力を知る目安

 

 

友人のお父さんが胃がんで
ステージ4と診断されました。

ヘモグロビンも7以下、入院してから
更に下がってるとか。

しかし、手術する予定だそうです…。

血液状態が良くないので、
この状態で手術しても大丈夫なのだろうかと
ご家族は心配されています。

 

こんな時、体が回復できるかどうかの目安があると
助かりますよね。
今回はがん治療に耐えられる体力が
あるかどうかを判断する目安となる数値を書いみます。

 

辛いがん治療に耐えられるか

血液検査の項目で、

アルブミン値」を見ていただきたいと思います。
「ALB」と書いてあるかもしれません。

このアルブミン値が、4.5より下だと
既に薬の副作用がかなりきついかもしれません。

3.5を下回るなら、
手術はしないほうが安全です。

抗がん剤などのキツイ治療もしない方が無難。

なぜなら、薬を運ぶ力も、傷を回復させる力も弱っている状態だからです。

この状態だと、体が治療に耐えられず、
治療が原因で命を落とす危険が伴います。

手術した結果、帰らぬ人になるなんて
本当に残念な話ですが、私も少なからず聞く事があります。

特に高齢の方の手術で多いようです。

特にがん治療に関しては、
体へのダメージが大きい治療法が多いので
血液状態を見て治療ができないと言われるとしても、

無理な治療をして寿命を縮めるようなことを
しないようにしてくれているという意味で
むしろ良心的な病院だと考えた方が良いと思います。

病気を治すための治療のはずですが、
体の状態を確認せずに無理に進めるのは非常に危険なのです。

その危険ラインが「アルブミン値」で判断できるという訳です。

一つの目安として書き留めておかれると良いと思います。

 

アルブミン値を上げる方法

では、このアルブミン値を上げることはできないのでしょうか。

もちろんできます。

急ぐときには、アルブミン点滴をしてもらうという方法が取られます。

しかし、まずは栄養状態の改善が望ましいでしょう。

アルブミンはタンパク質の一つですから、
質の良いたんぱく質(動物性タンパク)の摂取が求められます。

また、肝臓でアルブミンを合成する上では「メチオニン」という
アミノ酸が必須になります。

このメチオニンというアミノ酸は肉などの動物性たんぱくに
多く含まれており、大豆などの植物性たんぱくには
含有量が少ないのが特徴です。

この点を考えると、動物性たんぱくを控える食事療法には
問題点があるということになります。

また、
肝臓でアルブミンを合成する時になくてはならない栄養素は
ビタミンB群です。

これまた、辛い治療やストレスによって消費されがちですし、
動物性たんぱくを控えると吸収のよい摂取が難しくなります。

(ビタミンB群が不足すると、疲れやすく、眠りの質が悪く、鬱っぽくなります。)

健康のために良かれと思ってお肉や卵を控えてきた
という方も多いのですが、アルブミン値を上げるために、
動物性たんぱくもしっかり取るように心がけてください。

サプリメントで改善を目指す際には、
プロテインとビタミンB群、あるいはBCAAのようなアミノ酸を用います。

 

治療によって取り返しのつかないダメージを
与えることのないように、がん患者さんの体が
治療に耐えられる状態かどうか確認するのは重要ですね。

個人的なご相談のお申し込みは
ここから
「相談申し込み」ページ

コメントを残す