がんと栄養のZOOMセミナー開催します

がんとの正しい付き合い方
分子栄養学セミナー
~がんはミトコンドリア機能障害?!~

 

2020年5月9日(土)14:00~16:30

2020年5月15日(金)10:00~12:30

 

 

がん治療中の方に必ずしてほしいこと

俳優の岡江久美子さんが

新型コロナに感染して亡くなったという報道は大変ショックでした。

 

子育てしている頃

毎朝はなまるマーケットを見ていて、

勝手に身近に感じていました。

 

「岡江さんは去年の末に初期の乳がん手術を受け、

今年1月末から2月半ばにかけて

放射線治療を行なっていたということで、

事務所は免疫力が低下していたことが

重症化した原因ではないかとしてます。」

 

という報道でしたね。。。

 

乳がんの治療をされていたんですね。

 

ダブルショックでした。。。

 

手術をすると、必ず抗生物質を使いますし、

 

そのあとの放射線治療となると

 

免疫力ガタ落ちになります。

 

 

でも、免疫状態を回復するための

 

アプローチは病院治療の中では受けられず、

 

個人でカバーしなくてはいけません。

 

(でも健康食品的なものを病院は嫌がる)

 

非常に矛盾しているというか、、、

 

正直、怒りを感じるほどです。

 

 

健康であれば、コロナウイルスは怖くありません。

 

しかし、コロナであろうと、

 

風邪であろうと、

 

免疫力が落ちている人にとっては細菌・ウイルスは脅威です。

 

このブログをご覧いただいている方々で

 

もしがん治療中であれば、

 

とにかく免疫力を回復させることに注力してください!

 

と声を大にして言いたい!!

 

 

がん患者さんの多くは肺炎で亡くなります。

 

なぜなら、治療で免疫力を落として

 

感染症に対応できないからです。

 

本当に悔しい。。。

 

そうなることはわかっているんだから

 

回避する対策をとってほしいのです。

 

 

以前、放射線と抗癌剤を同時に使用するという

 

ハードな治療をした60代男性がいました。

 

とにかく免疫力を上げることに注力した結果、

 

思いの外副作用が軽く、医師を驚かせていました。

 

ちなみにこの方はステージ4でしたが

 

半年で仕事復帰しています。

 

 

・免疫力を上げること

 

・身体のベース(栄養状態)をしっかりしておくこと

 

この二点は絶対に必要です。

 

 

せっかく治療して頑張っていたのに、

 

治療で免疫落として感染症で亡くなるなんて・・・

 

そんな残念なことにならないように

 

絶対にセルフケアをしてください。

 

心からお願いします。

 

 

免疫を上げるための栄養

栄養面は、食事がベースです。

 

でもこだわっている感じの方でも、

 

多くがちょっと偏食だったり、

 

そもそも食事量が少なかったりしています。

 

まずはバランスから見直しましょう。

 

ぶっちゃけ薬で壊した体に食事からの

 

栄養素だけでは修復が追いつきません。

 

こういう時こそサプリメントを使ってください。

 

 

胃腸ケアも必須

ただ、ちゃんと食べてても

 

胃腸の状態が悪いと吸収できません。

 

大根おろしやレモン水を使って

 

少しでも胃の消化をサポートしてください。

(処方してもらえるなら、タフマックという消化剤を使ってください)

 

そして腸内環境を良くするために

 

乳酸菌の多いお食事を。

 

お味噌汁や手作りのお漬物を食べましょう。

 

(ヨーグルトは特にお勧めしていません)

 

 

抗生物質でダメージを受けた腸には

 

ミヤBMなど乳酸菌を処方してもらって

 

お腹のケアを必ずやってください。

 

免疫の7割は腸内環境に依存していることもあり

 

腸ケアは必須です!

 

むくんでいる時は要注意!

 

少し前にNHKあさイチで岡江さんを拝見したとき、

 

以前よりむくんでるなと思ったんですよね。。。

 

浮腫むのはいろいろ要因がありますが、

 

一つはたんぱく不足を疑います。

 

治療でタンパク質をたくさん消耗していたんでしょうね。

 

 

免疫アップには、亜鉛とかビタミンDとか

 

これまで書いていましたが、

 

免疫細胞自体の材料はタンパク質ですから、

 

タンパク消耗の激しい治療中は

 

特に補給が必要です。

 

 

どんなもので補給したらいいかは

状態によって異なるので個別でご相談ください。

 

 

食事を受け付けない時でも、

 

せめてお出汁に自然塩を入れて

 

美味しく味をつけて

 

お茶代わりのようにちょこちょこ飲ませてあげてください。

(自然塩にはミネラルが豊富)

 

煮干し、アゴ、昆布、かつお節などの

 

粉末を溶かすだけでもいいです。

(無添加が理想)

 

高タンパクで滋養の多いスープはバカにできません。

 

 

岡江さんの訃報は本当にショックです、、、

 

がん治療を頑張っている方たちに

 

このような情報が少しでも届くことを願います。

 

関連キーワード
栄養対策の関連記事
  • ファンケルのパーソナルワン体験結果
  • 岡江久美子さん教訓に・・がん治療中の方に必ずしてほしいこと
  • がん患者さんが食べられなくなってきたら〜悪液質の3つの段階
  • がん悪液質に負けないー低アルブミン血漿対策
  • 痩せVS肥満~がんにとってキケンなのはどっち?!
  • 「足がつる!」夏にとるべき三つの栄養対策
おすすめの記事
分子栄養学
がん発症の3,2%は医療診断被爆が原因  世界一の発症率!! CT普及が背景 【平成16年2月10日 読売新聞】 医療被ばくという言葉を聞い...
食事・生活習慣
健康相談の中で度々、「体温を上げたい」「身体を温めたい」と言われます。 体内酵素が活発に働く体温は36.5度~37度と言われているので、体温...