残念ながら、今やがんはメジャーな病気になってしまいました。

 

でも、がんについてどれだけ知っているかと問われたら、意外と知らないものです。

 

あなたなら、「がんの特徴を3つ言いなさい」と問われたら、何と答えますか?

 

今回、私は3つにまとめてみました。

 

ガン細胞の三つの特徴

1)自分専用の新しい血管を作る

2)死なない

3)転移する

 

 

特徴1:がんは自分専用の新しい血管を作る

 

ガン細胞は成長するため近くの動脈から新生血管を引き寄せます。そして自分が新しく作った血管から血液(栄養)を奪って成長しつづけます。

 

逆に言えば、ガン細胞は血管を伸ばせなければ栄養が得られず成長できません。

 

 

■特徴2 :死なない細胞

 

正常細胞は、細胞分裂の回数に上限があり、ある一定のところで成長が止まります。ですから、身長が伸びるのもある低度限界があります。指の長さだって調度いいところまでしか伸びませんよね。

(私はもう少し伸びたかったな ^ ^; )

 

それはDNAの中にある「テロメア」というものが細胞分裂をするたびに短くなり、回数券のように使えばなくなる)特定の回数しか分裂できないようになっているからです。

 

しかし、ガン細胞はテロメアを合成する酵素である「テロメラーゼ」が活性化しているため、いくら増殖してもテロメアは短くなりません

 

[テロメアについて参照:がん化学療法センター]

 

それでガン細胞は細胞分裂が無限に続く「死なない細胞」なのです。ガン細胞は無限に成長を続けます。

 

もし、正常細胞と同じような自然死に至れば(アポトーシスといいます)がんが増殖することはないということになります。

 

 

■特徴3: がんは転移する

 

ガン細胞は周囲の組織に広がる(浸潤だけでなく新生血管を利用して血液やリンパに入り込み流れに沿って、遠くの臓器に移動してそこにくっついて増殖する転移という特徴があります。

 

原発巣と転移先は相性のようなものがあって、大腸がんは肝臓へ、乳がんや前立腺は骨(骨髄)肺がんは脳へと転移しやすいのです。

 

転移後は治療が更に厳しくなるため転移を予防することは非常に重要です。

 

ということで、以上がガン細胞の3つの特徴です。

 

 

1)自分専用の新しい血管を作る

2)死なない

3)転移する

 

ということでした。

 

では、この特徴を踏まえた対策編は次回書いてみますね。

関連キーワード
  • がんを知り栄養で対策!知ることで不安や苦しみを軽減
  • がんを知り栄養で対策!分子栄養学セミナーin東京ハイライト
  • がん患者さんにお勧めの漢方薬元気セット
  • がんになったからこそ「なりたい自分になる」
  • 【がん代替療法】知らぬと怖い治療院の世界
  • 命を奪うネガティブ感情~ポジティブで長生きしよう!
おすすめの記事
分子栄養学
がんと闘うには抗がん剤以上に強力なものはない! と、思っている方が多いのかもしれません。あなたはどう思いますか? しかし、実は、今もあなたの...
がんと分子整合栄養医学
2017年1月8日に東京駅前で開かれた分子整合栄養医学実践講座。今回の講座は7期のまとめ的な内容でしたから、全体像を把握できて非常に有意義で...
がんと温熱
がん細胞は熱に弱いので、温熱療法が効果的! ということで、色々な温熱療法を以前もこのブログで紹介していたのですが、今回それをまとめて動画にし...