自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんとの正しい付き合いかた

抗がん剤で髪が抜けないために必要な栄養素

12028ae533096c06c7b4103e27e4b582_s

抗がん剤や放射線で髪が抜けていく

というのは、覚悟していても、

大変なショックなのではないでしょうか。

 

できれば、抜けない方がいいし、

爪がボロボロになるのも、

味が分からなくなるのも嫌なものですょね。。。

 

「砂をかむようで食事が辛い…」

と話されることがあります。

早く美味しく食べられるようになりたいですよね。

 

あなたは、

脱毛や味覚障害を予防できたり、

爪の強化を助けるミネラルがあることをご存じですか?

(ちなみに、基本的な材料はタンパク質ですよ ♡ )

 

髪、爪の強化・味覚には…

それは
 : 
 :
 :

亜鉛です。

 

亜鉛不足は血液検査でもわかりにくいのですが、

特にがん患者さんでなくても、

現代人の多くが不足しているミネラルです。

 

精製・加工した食品が多いことで、
(レトルト・インスタント食品、コンビニ食)

ミネラル不足になっていることもありますし、

添加物や薬、大気汚染などで

化学物質を多く体内に取りこんでいるので、

その処理に亜鉛をガンガン使って、欠乏してしまうのです。

 112387

スナック菓子やインスタント食品、

あ、それに、アルコールは、

亜鉛不足を招くので控えたいですね~。

 

さらにがん患者さんは、抗がん剤そのものの作用、

また、薬を処理するために亜鉛を消耗するので

脱毛味覚障害が出やすいのです。

 

ということは…、

逆に、亜鉛を多めに摂っておくと、

味覚障害や脱毛の予防になる訳です。

化学療法の前にカバーしておきたいですね。

 

亜鉛はがんと闘う基礎栄養素

「最近、亜鉛が足りてないなぁ…」

なんて、会話になることはまずないと思うのですが、

実は亜鉛は生命に欠かせないもので、

がんと闘う上でも基礎となる栄養素です!

 

亜鉛は、な、な、なんと、

200種類以上の酵素の組成に関与しています。

亜鉛の働きは、例えば…

・神経伝達物質の調整

・味覚

・皮膚、骨、髪の成長

・タンパク質の合成

・免疫システム

・ホルモン分泌

・インスリン分泌、合成

・活性酸素の消去

・DNA、RNA(遺伝情報)の合成、修復

…まだあります。

視力や男性が気になる前立腺に重要な栄養です。

 

bc7be8f08ab975c826394994807f2d96_s

どれくらい必要?

がん患者さんには、プロテイン、

ビタミンC、ビタミンB、鉄などに加え、

正常細胞の細胞分裂を助ける目的で、

ビタミンAと、亜鉛を摂る事をお勧めします。

===============

ビタミンA欠乏でがんになる?

http://healthy-happiness.jp/?p=942 

===============

サプリメントで摂取する量としては、

やはり病気と闘う目的ということになると、

通常より沢山必要になります。

 

鬱、アトピー性皮膚炎、糖尿病、

前立腺肥大、甲状腺機能亢進症

などでも1日30mg以上の摂取が望ましいのですが、

がん患者さんは更に多く60mgほど必要かもしれません。

 

食品では、牡蠣やウナギ、レバー、

ホタテ、カシューナッツ、アーモンド

などを意識して食べてみてください♪

 

おやつにはアーモンドがいいですね!

亜鉛が不足する 入院中の患者さんへの差し入れにもおススメです。

ウイッグになっても、また綺麗な髪が生えてきますように!

 *がん専門栄養相談窓口はコチラ

 

コメントを残す