自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がん患者さんの食事法

体温を上げるのにカギとなる二つの器官

冷え

健康相談の中で度々、「体温を上げたい」「身体を温めたい」と言われます。

体内酵素が活発に働く体温は36.5度~37度と言われているので、体温がそれより低いと酵素活性が弱まり、免疫力も落ちてしまうので、低体温は改善したいですよね。

体温を上げるために陰陽のバランスに気をつけてきたという方も多いようです。マクロビオティックではまず陰陽を学ぶからでしょう。

 

 マクロビの陰陽表

 

体温を上げるために必要なのは?

マクロビ的に温める食材にこだわりすぎて、玄米と根菜ばかり食べている方もおられますが、これでは栄養が偏ります。

根菜には糖質が多いので、がん対策を考えても糖質過多な食事を続けるのはいかがなものか・・・という面もありますね。

 

しかもそれで本当に体温は上がるでしょうか。

実は私自身、5年以上マクロビオティックに励みましたが、残念ながら一向に体温は上がりませんでした。

なぜでしょうか?


体温を上げる際にカギを握るのは、
肝臓と筋肉です。

肝臓はエネルギー工場のミトコンドリアが集中していますから肝臓が元気だと、代謝も良く、体温が上がります。

また、筋肉で熱を作りますので筋肉が多い人は体温が高いですね。

マッチョな外国人は、冬でも半袖です(笑)

小学生の間、年中ランニング姿だった隣のケンちゃん。筋肉質で元気でした!(^◇^)

 a915b3e0c728ea1369d7adcf8b3ab712_s

と、言うことは、肝臓と筋肉が作れるものを食べたら良いということになりませんか?

肝臓や筋肉を作るのに特に効果的なのは、マクロビオティックをしている時には私が極力避けていたお肉や卵といった高タンパク食品なのです。

私の体温が上がらなかった訳です。

 

ちなみに、ご相談いただく方々も、”子供の頃から肉が好きではなかった”とか、”卵は身体に悪いと思って避けていた”というケースが非常に多いです。

低たんぱく状態の方は肝臓が弱り筋肉も少なくなっています。

高タンパクなものを意識的に食べて

質の良い睡眠をとり

運動もする。

言われてみれば当たり前のことです。

意外とその当たり前が難しいものですよね(^^;

 

もちろん、冷たいビールやアイスコーヒーのようなものは身体を冷やすので気をつけるべきですし、生姜やネギといった身体を温める食材を使う方が良いのも当然です。

何事も極端に走らず、栄養バランス、心のバランスを考えるようにしたいですね

 

PS:「栄養のバランスと言われても情報が多すぎて逆によくわからなくなってきた

という方は、メルマガ登録して頂くと、食事のバランスについてまとめたE-BOOKもれなくプレゼントされます!参考にしてみてはどうでしょうか。

それも難しいという方には健康相談のシステムがありますのでお申込みを。

下記セミナーでも学べます。

 

~ セミナー情報 ~

〇ガンを知り栄養で対策!分子栄養学セミナー

今回は栄養療法の血液検査の読み方もお伝えします

【早割りあります】

2017 6/10 東京セミナー

 

2017 6/24 大阪セミナー

 

〇学びのカフェ天神(福岡)

2017 5/19 栄養不足で冷えている?食べて温活!

コメントを残す