肥満によって、肝臓がん、大腸がん

乳がん、などのリスクが上がる事が分かっています。

「がん」だけでなく、

生活習慣病全般に関わるのが

体重コントロールです。

 

50代後半、60代になると、

もう体型うんぬん、

モテるモテない、どころじゃない。

健康診断の度に、

「要注意!」

とか

「再検査!」

とか出てしまうとさすがに焦りますね。

慌てて減量に励み始めた

という方も多いのでは?


食事のカロリーを気にしてみたり、

夫婦で歩いたりして、努力します。

でも、なかなか難しい…。

 

ダイエットが成功しない理由

中高年からのダイエットが難しいのは、

年齢と共に脂肪を燃やす

「褐色脂肪細胞」が減ってしまうからです。

こればっかりは、仕方ありません。


しかし、

ダイエットを難しくする

理由はそれだけではありません。

 

カロリー制限を重視しすぎるのも問題です

カロリーだけを気にすると、栄養不足になって、

基礎代謝がダウンします。

つまり痩せにくい体になります。

 

代謝を良くする栄養素は?


代謝をよくするのに特に重要な栄養素、ご存じですか?

それは…
 
 ↓

 ↓

 ↓


タンパク質」です。

(つまり、肉、魚、卵、豆類)

タンパク質はダイエットには不可欠な栄養素なのです。

 

ちなみに不足すると、紙はバサバサ、骨もスカスカ

お肌もシワシワでタルタルになってしまいます;;

キャー!もう~恐怖です!ホラーです!

それを考えると、

キャベツだけダイエットとか

リンゴだけダイエットなんて絶対ダメですよね!

9ca35a512add3246036f35d1aa763d47_s

 

偏った食事は美の敵、ダイエッターの敵です。

 

では、ダイエットにタンパク質が必要な理由をまとめてみますね。

 

=================

【ダイエットにタンパク質が必要な理由】

  • タンパク質摂取+適度な運動で
     筋肉が増え、脂肪燃焼がスムーズに
     
  • 食欲を抑えるホルモンが正常に分泌される

     

  • 体が温まり脂肪燃焼
     (体温を上げるのはタンパク質です)

=================

 

という訳で、毎日ステーキを食べて構いません。
(脂身の少ないヒレ肉とかね!)

ゆで卵を3個食べたって全く問題ありませんよ。

 もちろんたっぷりお野菜と共に!

 

タンパク質、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが

バランスよく必要量あることで

燃えやすくなり、太りにくくなるんですょ。


そんな訳で、私は

ぽちゃぽちゃ太った人を見ると、

「本当は栄養失調なのかも…」

と、こっそり思ってしまいます。
(ゴメンね)

 futotta

カロリーを気にするのではなく、

まずは、タンパク質を毎日しっかりとって、

燃焼できる健康的な体にする

それがダイエットの近道

健康への花道です。

 

がん予防、再発予防したい方も

もちろん同じです!

 

逆に控えるべきなのは何でしょうね?


健康維持、がん予防、再発予防、モテたい…目的は色々だとしても

健康的に効率的にダイエットしたい人が最も気にするべきなのは何か…

それは、カロリーよりも○○です!


それを書いてると長くなってしまうので・・・

次回につづく~!!


* 次回の記事を、もれなく読みたい方は… *

・「がんとの正しい付き合いかた」をブックマーク登録する

Facebookで「がんとの正しい付き合いかた」のページに「いいね!」する

メルマガ登録するためにアドレスを記入する

という方法があります。どれか一つ試してみてくださいね。

おすすめの記事
がんとの正しい付き合いかた
がん患者さんでも、 手術後、特に薬は処方されない ケースもよくあり、逆にそれを心配する人もいます。 何か薬を飲んでいるほうが体に良いような...
がんと脂質
 ”がんを誘発する脂質”というと、 「お肉の脂が悪いんですよね?」 と言う意見がよく聞かれます。   *がん患者さんが肉や卵をしっかり食べる...