自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんとの正しい付き合いかた

ガン細胞の特徴をとらえて狙い撃ち!ズキュン!バキュン!な代替療法

前回、ガン細胞の3つの特徴を書きました。

 http://healthy-happiness.jp/?p=1905

=============

 ガン細胞の3つの特徴

1)自分専用の新しい血管を作る

2)死なない

3)転移する

=============

 

 この3つの特徴からすると、

・新生血管を阻止し浸潤・転移を予防

・普通に死ぬ細胞になってもらう

・免疫を高めてガン細胞の増殖を阻む

といったことができればいいのだな、

ということになります。

 

「そんなサプリがあるといいのに。」

と、思いますよね?

実は、、、

この3つをやってくれる成分があるのです!

 

天然の抗がん剤?!

その成分とは、フコイダンという成分です。

フコイダンとは、”海藻のヌルヌル成分”の事です。

 

1996年に「フコイダンが正常な細胞にはほとんど影響を与えず、

特定の細胞にだけアポトーシス細胞の自然死)させる作用がある」

という研究結果が発表され、

以来盛んに研究が続けられています。

 

アポトーシスさせる、つまり、

死なない細胞であるガン細胞が

死ぬように誘導され、結果的にがんが自然に縮小するというのです。

 

医師たちの中には、

もう打つ手がないと思われていた患者さんの

“ガン細胞”が無くなってしまう

という、これまでには考えられない結果に驚き、

「まるで天然の抗がん剤のようだ」と

10年以上前から積極的にフコイダンを

代替療法として取り入れている方々がいらっしゃいます。

 

そして、長年の研究の結果、

近年、フコイダンの中に含まれていた

フコキサンチン」や

フコイサリシレイト

といった微量成分が、実は重要な

働きをしていたことが突き止められ、
(*呼び方が異なる場合があります)

この成分を配合した商品が開発されています。

 

新発見成分の働き

それぞれの働きはこうです。

 

・フコイダン
 → NK細胞(がんと戦う免疫細胞)を増やす

・フコキサンチン 
 → アポトーシスを誘導する

・フコサリシレイト
 → 新しい血管を作って増殖・転移することを阻む

 

最初に考えたがんの特性を

うまく突いた働きをしてくれているわけです。

 

実際、どうなの?!

もちろんフコイダンが万人のがんに効くなんてことはありません。

他の抗がん剤やサプリメント同様、

自分のがんに効果があるか

検査する方法は存在するのですが、

それがあまりに高額なので、

現実的ではないと思い、ご紹介していません。

 

とはいえ、フコイダンは、

副作用がありませんし、

重粒子線治療や免疫療法のように高額ではなく、

ビタミンC療法が出来ない方でもトライできます。

(とはいえ、それなりに高価なのが難点です;)

 

基本的な栄養対策をしつつ、

機能性食品としてがんに対応できるもの

としてフコイダンはかなりお勧めです。

 

様々な業者から販売されているので、

(各社、材料や製法が違います)

どれが良いのがわからなくなってきます。

どれもそれなりに良いものだと思いますが、

やはり結果を出したいので、

医師の臨床済みものが安心です。

 

今回書いた事を全てクリアしているものをご紹介しておきます。

*推奨するフコイダン*
   ↓↓↓
http://urx.nu/aF7R

 

フコイダンはどんな状態の方にも

これまでお勧めしてきました。

がんの種類や進行具合も様々でした。

 

劇的にガンが無くなった方もいれば、

難しい方もいらっしゃいました。

それぞれ理由があったと思います。

 

フコイダン、自分はどうだろう…

と思う方は無料相談をご利用ください。

* 健康相談申し込みURL *

https://24auto.biz/atumeru/touroku/entryform3.htm

 

PS:食品としても、もずくや昆布

といった海藻類を食べるように意識したいですね。

コメントを残す