自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がん患者さんの食事法

[クイズ]もうフラフラ…さて、「がん」にNGな栄養補給はどれ?

栄養が足りてなくて、フラフラ!

さあ、あなたはどうする?

  • 1.おにぎりを食べる
  • 2.アメちゃんを口に入れる
  • 3.病院に点滴に行く
  • 4.ステーキ!!

アメちゃんから点滴に飛ぶあたり、

極端な差を感じずにはいられませんが、

まぁ…いっか(笑)

この中で、「がん患者さんの栄養補給」

としてふさわしくない物はどれだと思いますか?

それは…

がん患者さんにNGなのは?

はい!早速ですが、答えは…

 ↓

 ↓

1~3は、全て

栄養補給として選んで欲しくない、というのが答えです。

点滴も?

そう。点滴も。

では、

1~3の、おにぎり、アメちゃん、点滴に共通するのは??

 ↓

 ↓

はい、「糖質」 ですね~。

1.おにぎり ⇒ 炭水化物(糖質)

2.アメちゃん⇒ 砂糖(がっつり糖質)

3.点滴 ⇒ ブドウ糖(めっちゃ糖質)

日本人は栄養補給に糖質をとりがちです。

確かに、すぐにエネルギーなるので

元気になった感が得られます。

実際、必須栄養素の一つですし。

おにぎりはサイコー!だし

アメちゃん❤は大阪のおばちゃんの必須アイテム。

…ですよね?

でも…このケースは、「がん患者さんの栄養補給」です。

まず、

ガン細胞は、ブドウ糖をエネルギー源にして成長します。

それで、まずは糖質で元気づけようとする習慣は辞めなくてはいけません。

栄養補給にはタンパク質を!

逆に、栄養補給として一番しっかり

摂るべきなのは、タンパク質です。

ガン細胞は糖だけでなく、

血液から体タンパクを奪います。

がん患者さんが、筋肉を奪われて

痩せてしまうのはそのせいです。

でも人間の細胞はタンパク質でてきていますから、

失ったなら補給しなければいけません。

ですから、上記1~4で、

がん患者さんに最もふさわしいのは

ステーキ!!

ということになります♪

 

そんな話をすると、

「タンパク質って何ですか?」

という質問を受けることもあるので、

念のために書いておくと…

と、思いましたが、長くなるので(笑)

詳しくは次回 ♪

 

*続きを読むために、

・ブックマーク

・Facebookでイイねしとく

…という方法があります。

・メルマガ登録するのもあり。

 

PS:食品で言えば、タンパク質が多いのは、

植物性なら 豆類

動物性なら、肉、魚、卵

という所ですね。

コメントを残す