お口にニオイって気になりますよね。

歯周病が原因ということもありますが、

「腸」に原因があるという事も多いようですよ。

 

赤坂ビューティークリニック 院長 青山秀和氏によると…

[メンズスキンケア大学] http://mens-skincare-univ.com/article/004422/

「歯磨きをしても口臭がなかなか取れない」

という場合は、腸内環境の悪化が影響しているのかもしれません。

腸内環境が悪化して、善玉菌よりも悪玉菌が増えすぎると、

腸の中が腐敗して有毒ガスが発生します。

このガスは、一部は血液に入って体をめぐり、

肺に到達して呼吸と共に口から排出され、口臭の原因になるのです。

 ということです。

口臭の気になる方、

もしそれが腸の腐敗に起因するなら、

現在、ガン細胞を増やしやすい状況にもある!

とも言えます。

 

なぜなら、腸には体全体の70%の

免疫細胞が集中しているからです。

 

悪玉菌が優勢な腸内環境では、

悪臭を放つだけでなく、免疫細胞も育ちません。

免疫細胞の一つNK細胞(ナチュラルキラー細胞)は

ガン細胞を攻撃する特攻隊の役割を持っています。

 

環境の悪い腸で教育を受けたNK細胞では

へなちょこ兵隊だったり、数も少なかったり…

これではガン細胞と闘えません。

 

ということで、

口臭→腸の腐敗→がん体質

という可能性が考えられる訳です。

 

口臭の気になるあなた!

便秘ではないか、便のニオイはどうか、心当たりはいかがですか…?

まずは腸をキレイにしましょう。

そうすれば同時に息もキレイになり、健康問題も一気に解決しますよ♪

 

腸内環境とがん

女性の場合、死亡数が最も多いがんは大腸がんです。

男性は第三位が大腸がん。

 

もちろん、腸内環境が悪いと免疫力が低下する為

どこのがんになってもおかしくありません。

乳癌との関係も指摘されますね。

 

また、栄養は腸から吸収されるので、

いくら食に気をつけ、サプリメントも摂っていても、

腸内環境が悪いと、もともこもありません。

摂っても、とっても、吸収出来ませんから。

 

「OK!じゃあ、ヨーグルトを取ればいいんですよね?!」

と言う方がほとんどですが、

実は腸内環境を整えるには善玉菌を増やすだけではいけません。

 

腸内環境を整えるのに

必要な栄養についてはまた次回お伝えしましょう。

 

・善玉菌を増やすこと

・栄養の吸収を良くする事

この二つがキーワードです。

 

 ではまた!! 

おすすめの記事
食事・生活習慣
健康に関する間違った常識というのは沢山ありますが、特に多いのは油に対する見方かもしれません。 それが、がんの増加にも関係しているように感じ...
がんと脂質
がん予防、再発予防のために 食事に気を付けているあなたにお届けする油シリーズ。 以前書いたものの動画版なのですが、 油は、がん対策には非常...
がん患者さんの食事法
「45歳なんですが、乳癌とわかって、今度手術するんです。ちょっと教えてもらっていいですか…」 かわいいお声で、淡々と一生懸命にお話されます。...