自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんと腸

[動画]腸内環境を整えるのに欠かせない二つの事

お腹

がんだけでなく、どんな病気でもまず第一にするべき事は腸内環境を整えることです。

なぜなら、腸は

栄養を吸収し

異物を排除し(解毒)

免疫細胞を教育する場

だからです。

 

特に、ガンと闘うには免疫を上げて行きたいですよね。

では、腸内環境を整えるには特に何が必要でしょうか。

以前がっつり書いたのですが、今回は動画にしてみました。

 

 

内容を文字にもしておきますと、、、

腸内環境を整えるのに欠かせない二つの事の一つ目は、

体に有益な微生物を摂る事

プロバイオティクスといいます。

腸にはとてつもなく沢山の菌が住んでいるのですが、良い菌もあれば、悪さする菌もいます。

それで、体にとって有益な菌を沢山体にとりこんだ方が良い訳です。

 

有胞子乳酸菌とか、ビフィズス菌とか、フェカリス菌とか…色々ありますが、善玉菌をとりましょうという事です。

乳酸菌というと、ヨーグルト?というイメージがありますが、”良い菌”は醗酵食品の中に沢山います。

 

しかも、日本古来の醗酵食品や麹菌は日本人の腸に合う菌なのです。

例えば、甘酒、塩麹、味噌、醤油、漬物…などですね。

他にもキムチ、チーズも醗酵食品です。

色々な大豆加工食品

(漬物やキムチは市販のものは添加物がかなり多いのが難点です。成分表示を良く見て購入したいですね。)

ちなみに、キムチは乳酸菌ではありませんが、善玉菌を増やす助けになるので、引き続きおいしくお召し上がりください。

 

腸内環境を整えるために欠かせない事の二つ目は、、、

腸内細菌を増やすために、

善玉菌のエサとなる材料を入れること

これはプレバイオティクスと言います。

 

腸内細菌のエサになるのは、食物繊維やオリゴ糖です。

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s

とった菌を成長させるために、葉野菜や、ゴボウのような根菜類、キノコ類、海藻、豆類、果物…といった食物繊維の多い食品を毎日摂るようにしましょう。

(豆類は摂り過ぎると腸が詰まった感じになります。繊維で便秘しやすい人は、海藻やキノコ類のような水溶性食物繊維がお勧めです)

 

つまり、腸内環境を整えるために必要な二つの事は、プロバイオティクスとプレバイオティクス。

有益な菌を入れる事と、その菌を増やすエサを入れる事。

醗酵食品と、野菜・海藻を意識的に摂っていきましょうね~という事でした。

 

「食品で追いつく状態じゃないの!」という場合はサプリを使うと効率的です。そのあたりは、個人的にご相談ください。

 

体は食べたものからしか作られません。

それを踏まえて…

がんと闘える体にする上で栄養の基礎的な知識はお持ちでしょうか。

二人に一人がガンになる時代なのに、意外と知らない事って多いものです。

ガンとは何か。

何を食べ何を避けた方が良いのか。

サプリメントの選び方は?

色々な疑問をお持ちかと思います。

可能な方は、ぜひ福岡で行なうセミナーに御参加ください!

焼き肉好き女子

*お申し込みはこくちーずから

このセミナーは終了しました

「二人に一人がガンになる時代を生きる」

2016年6月25日(土)13:30~16:30

KCSセンター福岡桜坂院にて

詳細はこちら(こくちーず)

 

コメントを残す