自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんと温熱

【動画】がん細胞撃退!温熱療法5選

cb29243ac4004c9f7214b255d584ccab_s

がん細胞は熱に弱いので、温熱療法が効果的!

ということで、色々な温熱療法を以前もこのブログで紹介していたのですが、今回それをまとめて動画にしました~!

 

 

 

 〈 以下に文字にも致します。〉

 

がん細胞撃退!温熱療法5選

 

ガン細胞の弱点は熱!

がんは熱に弱いのです。

 1978年に行なわれた国立予防衛生研究所の研究で39℃以上になるとガン細胞が死滅することが判明しているんですね。

温熱療法はあなどれませんよね。ですから、がん患者さんには、基本的に栄養療法に温熱療法も加えることをお勧めします!

 

ガン細胞が熱に弱いからだけでなく、免疫力をアップさせるためにも、温熱療法は効果的です。

ガン細胞は35℃前後の低体温のときに最も増殖するということは既にご存知の方も多いはず。それは、低体温だと免疫力が低下するためガン細胞をしっかり攻撃できずに負けてしまということなのです。しかし逆もまたしかりなんですね。研究によると、免疫細胞の「マクロファージ」は体温が38.5度になると活性化する、つまり体温上昇によって免疫も上昇する、ということが判明しています。

体を温めて、高い体温を維持することはがんの予防と対策に必須なんですね!

5本指ソックスをはくとか、ひざかけをするとか、そういうちょっとしたことも大切ですが、今回は”温熱療法”として有名なもの、実績のあるものをご紹介したいと思います。

温熱療法にも色々あります。機械を購入するとなるとそれなりにコストはかかりますが、安価な自然療法も紹介しますので、気に入ったものを取り入れてみてください。

 

1、こんにゃく温湿布

面白いのがコンニャクを使う温湿布です。このコンニャク湿布がよく効くのは、保温性の高いコンニャクの熱が臓器の中まで浸透して弱った細胞を活気づけてくれるからです。またコンニャクは体の毒素も吸い取る力があるようです。

やり方はコチラhttp://healthy-happiness.jp/?p=789

コンニャク湿布

画像)東城百合子先生のHPより

 

2、びわの葉温灸

ビワの葉や、種の中にあるアミグダリン(ビタミンB17という物質に薬効があるようです。

このアミグダリンは、暖められると肌からでも浸透して、炎症を抑え、痛みを取り、がんも消してしまうと言われています。それでビワの葉をお灸に使うという訳なのです。 本当にビワの葉っぱを使うんですよ。

ビワの葉が手に入らない地域では、ビワの葉エキスを使う方法もありますね。体の奥深~くまで、ジ~ンと熱が伝わって、芯から温まるのを感じるはずです。

インターネットで、びわの葉温灸セットを1万円位で購入できるはずですが、使い方が分からないと思うので、お住まいの地域でびわの葉温灸師がいらしたら、しばらくお世話になって、分かってきたら自分でやってみると良いと思いますょ。

 ビワの葉温灸セット

3、交流磁気治療器

血流改善や、自律神経の改善に医療機関でも利用されており、個人的にも大変お勧めです。(医療機器に認定されています)

(実はこのサイトで一番見られているのが交流磁気のページです。たぶん体験会場とかで使った人が検索してるんじゃないかな。使うと欲しくなるんですよね笑)

交流磁気の作用で血流を改善することで体が温かくなります。

痛みを取る作用もありますし(疼痛治療)、自律神経を整える(副交感神経を優位にする)働きもあります。

そもそもストレスや頑張り過ぎで自律神経が乱れまくる事が、がんを招くのですから、それを考えるとコレは大変優れ物なのです!睡眠の質も良くなりますしね~♪温め効果にとどまらない商品なんです。

実を申しますと、祖父が交流磁気治療器とサプリメントを使って見放されていた耳のがんを克服した経緯があったり、自分もずっと愛用していたり、これまで紹介した方にも必ず喜んでもらっている経緯がある為イチオシ☆なのです。

電源ひとつあれば使えます。30分タイマー付き。(画像のバイオビームⅤは120mT 価格は二本セットで187,920円)

 

バイオビームⅤ

4、岩盤浴(遠赤・ホルミシス効果)・ラジウム温泉グッズ

玉川温泉が有名ですよね。岩盤浴のお店は沢山ありますが、ちゃんとホルミシス効果のあるものは少ないのでよく選ぶ必要はありそうですね。岩盤浴は芯から温めるだけでなく、ホルミシス効果で細胞を刺激し自然治癒力を高めると言われています。マイナスイオンでリラックス効果もあります。

ラジウム温泉グッズもインターネットで販売されています。お家で温泉というのもイイですね♪

岩盤浴追加情報⇒http://healthy-happiness.jp/?p=1206

 

 

5、ハイパーサーミア

保険適用で医療機関でできる温熱療法です。

腫瘍の温度を42度まで上げることで、癌細胞が死滅するようにします。温まる事で正常細胞は活性化され、免疫を上げる効果が期待できます。また抗がん剤の効きがよくなるという効果も言われています。

治療は週に一回、3ヶ月くらい続けるケースが多いので、近くで出来る病院を探すのが理想的ですね。

 ハイパーサーミア


 

以上5種類のがん治療向けの温熱療法をご紹介しました。

他にも光線治療というものもありますね。。。

良いものは色々ありますので、自分が使いやすいもので構わないのでぜひ温熱療法を取り入れてみて下さい。

 ちなみに、(ここ大事なんですが)交流磁気治療器と岩盤浴は家庭用のものをご紹介できますので、気になる方はお問い合わせください♪

*個人的に相談したい方はこちらからどうぞ⇒http://healthy-happiness.jp/?page_id=2406

 

コメントを残す