私達の体内では毎日数千個のがん細胞が生まれています。

でも、同じく体内には

がん細胞と闘ってくれる免疫細胞がありますので、

そう簡単にがんにはならない仕組みがあります。

免疫細胞が化学療法より

優れていると言える二つの点を動画でお話ししました。

(3分18秒)

 

動画環境の悪い方のために、文字にもしますね。

「免疫」って一言でよく言いますが、

実は免疫細胞には数種類あります。

血液の白血球中のリンパ球に、T細胞、B細胞、NK細胞

…とあるのですが

白血球中リンパ球

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は、

がん細胞のような異物を発見すると、真っ先に攻撃をしてくれます。

まるで体内の特攻隊のようなものです。

 

化学療法より優れた二つの点は…

1、ガン細胞だけを見分けて攻撃する

NK細胞はどのような種類のがんが、

どこに発生してもがん細胞だけを選択的に攻撃します。

 

しかし、化学療法となると、そうはいきませんよね。

特に抗がん剤というのはガン細胞が”早く成長する細胞”という前提で

”早く成長する細胞を殺す薬”を使います。

だから、入れ替わりの早い細胞であれば、

がん細胞でなくても正常細胞でも攻撃します。

それで、髪が抜けたり、胃腸がだめになったりする訳です。

 

副作用の激しさを考えると、

NK細胞が、ガン細胞のような異物だけを

選択的に攻撃するというのは素晴らしい事なのです。

 

2、NK細胞はず~っと闘える

化学療法の場合、

がん細胞は薬を覚えてしまうので、「耐性」がついてしまいます。

そうすると、最初は劇的に効果が見られたとしても

次第に効かなくなってしまうのです。

ずっと同じ薬で闘い続けるということはできないのですね。

 

でもNK細胞は

がん細胞を自然な死に至らせるので

がん細胞がNK細胞に対して

耐性を持つようになることはありません。

だからこそ、NK細胞はいつまででも、

ず~っと無敵で闘い続けられるのです。

 

でも、へなちょこ兵隊になってしまったり、

数が少なくなってしまったり、

そうするとがん細胞に負けてしまうんですね。

 

ですから、NK細胞が弱くならないように、

そして数を増やすようにしていけばいい訳です。

どうすればNK細胞に元気でいてもらえるか、

それはまた別の機会に!

 

PS:化学療法を否定するものではありません。

抗がん剤にも副作用の緩やかなものが多くなっていますし、

効果的な使い方や使う時期の問題だと思います。

おすすめの記事
栄養素
巨大装置を用いる重粒子線治療やロボット心臓手術(ダ・ヴィンチ手術)… 医療技術の進歩は目覚ましいものがあります。 しかし、人体を分子レベルで...