病院や薬にばかり頼りたくないあなたのための健康情報をお届けします。

がん患者さんの食事法

肉嫌いのがん患者さんがタンパク質の吸収を上げる簡単な方法

ベジタリアニズム

「私、お肉嫌いなんです。」

ご相談くださる方の中に、

割と、肉嫌いの方がいらっしゃいます。

(だからがんになっちゃったのかも…と、考えてしまう)

ベジタリアンの方や玄米菜食を

実践して来られた方もお肉を食べませんね。

また、がんの食事療法は、

大抵肉を避けるように指導しているため

中には、長い事肉食を避けてきて、

今は特に食べたいと思わないという方も…。

 

私も経験済みなのでわかりますが、

肉や卵を避け続けると、

本当に、動物性タンパク質を食べると”疲れる”ようになります。

なぜそうなってしまうのか、

考えた事はありますか?

ちなみに、肉・卵が身体に悪いからではありませんよ(笑)

 

動物性タンパク質で疲れる理由

実は消化酵素もタンパク質から作られます

タンパク質をしっかり取っていないと、

消化酵素が十分作られません。

そこに消化力の必要な肉や卵が入って来ても、そりゃー参っちゃいます。

要は、消化できない状態であることの方に問題があるのです。

 

しかし、これまでお伝えしてきたように、

がん患者さんはガン細胞に筋肉を奪われるので、しっかり補給する

必要があり、そのためには吸収の良いタンパク質である

お肉、魚、卵をしっかり摂る必要があります。

 

とはいえ、これまで動物性タンパク質を避けてきた方は、

消化力が落ちているので、

急に沢山食べるのではなく、

少しずつ食べる量を増やしてみて下さいね。

 
桶から水が漏れたら使えない

なぜ動物性のタンパク質でなければ

十分吸収できないのか、

この絵を見てみて下さい。

人間の身体を作るのに必要な

アミノ酸を「桶」で表しています。

タンパク質の桶

前回、アミノ酸スコアについて少し触れましたが、

(前回 ⇒ http://healthy-happiness.jp/?p=1091  )

体タンパクを作るには20種類のアミノ酸を必要とします。

絵で見るとわかりやすいですが、

どれか一つでも少ないと、そこから

水が漏れてしまいますね。

 

そのラインまで水が減ってしまうので、使える水の量は少しです。

植物性たんぱく質だと、こういう感じになってしまいます。

メチオニンというアミノ酸など不足するものがある為、

他のアミノ酸は沢山あったとしても、

体タンパクができないということに…。

でも良い方法があります。

 

食べ合わせを工夫する

メチオニンが足りないなら、メチオニンを別の食品から取れば良い訳です。

やはり動物性タンパク質からだったら取れるので、

大豆製品と動物性タンパク質を

合わせて食べます。

例えば、

  • 冷奴 + かつお節
  • 納豆 + 卵

といった感じです。

簡単ですよね。

40f8970f6d4d71678b9f13c00265354d_s

これで、動物性タンパク質を沢山食べられない人でも

幾らか不足をカバーできますょ。

植物性タンパク質には動物性を合わせて食べるように意識してみてくださいね。

 

しかし、がん患者さんだけでなく、

他に病気を患っている方、

ストレスの多い方、

スポーツ選手、成長期の方、

となると、タンパク質必要量が1.5~2倍になるので、

食品からだけでは賄えません

そんな時にはサプリメントを活用することがおススメです。

 

タンパク質をサプリメントで取る時は、

プロテイン」を摂ります。

このプロテイン、なかなか選ぶのが難しいのです;

日本にはなかなか良い製品が少ないので…。

そういったことも踏まえ、

次回はプロテインに関して書いてみますね♪

では、良い一日を!

コメントを残す