本格的な寒さになってくると、

風邪インフルエンザノロウイルス

ウイルスだらけな感じがしてしまいます。

もし、あなたが闘病中なら、

更に体調を崩さないように、用心が必要な季節ですね。

 

皆さんそれぞれに、風邪の予防策をお持ちと思いますが、

今回は、

アルコール消毒しなきゃ♪

…とか、なんとか言っちゃって

お酒を飲んでしまう方にも、

アルコール以外の飲み物で消毒する方法を

お伝えしましょう!笑

色々良いものはあると思いますが、

感染症全般に有効で強烈なのは…

ring-pillow-olive

オリーブ葉  !

オリーブの”オイル”ではなく、””を利用します。

オリーブはヨーロッパから地中海沿岸では、

4000年も前から栽培されていました。

紀元前の話ですよ!

”いにしえ”から活躍していたんですね~。

オリーブの葉には、抗菌作用を有する

オーレユーロペンを多く含みます。

オーレユーロペンの抗菌作用は素晴らしく

カゼの原因となる

ライノウィルス(RV)に直接働きかけて無害化します。

 

なんとウイルス全般に有効!

インフルエンザウイルス、ノロウイルス、

はたまた、ヘルペスやHIVウイルスにまで

近頃、世界を恐怖に陥れている、

エボラ出血熱にも!

 また、

がんの30%はウイルスに由来していると言われます。

(代表的なのが肝臓がんに至るC型肝炎ウイルス。)

これらのウイルスに直接働くなんて、すごいことですよね!

しかも、解熱作用まであります。

予防にも対策にも使える訳です。

 

抗生物質よりオリーブ葉!と言える理由


〇オリーブ葉のすごい所は、

ウイルスに直接働きかけるということ。

でも、抗生物質菌は殺しますが、ウイルスは殺せません


〇オリーブは抗生物質のように耐菌性もないので、

スーパー細菌を作ってしまうということも

院内感染を招くこともありません。


〇抗生物質は腸内細菌の善玉菌まで殺して

免疫力を落とすので、回復が遅くなりがち

でもオリーブ葉は、免疫力をアップさせることが分かっています。


自然の力にはかないませんね!

がん患者さんのみならず、

薬漬けになりたくない方には、

ぜひ感染症対策でオリーブ葉を

使っていただきたいと思います。


しかし、そんなにすごいんなら、なぜ薬になってないの?

と思われる事でしょう。

そうなんです。

製薬会社がだまっている訳がないですよね。

どうして薬になっていないのか、

そこから学べることがあります。

長くなったのでその辺はまた次回に。

 

関連キーワード
サプリメントの関連記事
  • がん細胞を自然死に導くフコキサンチン~メーカー社長に聞いてみた
  • 【寝正月回避】分子栄養学的な風邪対策―ビタミンCはナゼ風邪に効くのか
  • ”よさそうな”サプリを色々飲んでるけどイマイチ…ですか?
  • 腎臓が悲鳴をあげるサプリとは?!―天然・合成の見分け方
  • 【注意】あなたのサプリは大丈夫?ー問題商品の見分け方
  • がん治療とサプリメントの併用について
おすすめの記事
がんと脂質
 ”がんを誘発する脂質”というと、 「お肉の脂が悪いんですよね?」 と言う意見がよく聞かれます。   *がん患者さんが肉や卵をしっかり食べる...