がんは熱に弱いので、温熱療法は効果的だ
と先回書きましたね。

(先回の記事はコチラ⇒ http://healthy-happiness.jp/?p=740

 

温熱療法の例として最初にご紹介するのは、
病院で行われる

「ハイパーサミア」です

 温熱療法でがんを治療する方法として
日本でメジャーなのは、サーモトロンという機械です。

 

ハイパーサーミア

 

腫瘍内では血流が少ないため
温度が上がりすぎてガン細胞は死んでしまうのですが、

腫瘍が42℃の時、正常細胞
40℃くらいになって逆に免疫能を高め、
治療に役立っているようです。

つまり、ガン細胞だけを選択的に死滅される事ができ、

免疫は上げているということですね!

抗がん剤や放射線と比べて強い副作用もありません。
(熱が出る方や、痛みの出る方もいらっしゃいます)

患者さんの生活の質(QOL)を高く
維持することが可能なのが素晴らしいところですね。

なぜもっと利用されないのか不思議なくらいです。

 

治療は週に一回、3ヶ月くらい続けるケースが多いようです。

通える距離にハイパーサーミアを使う病院が
あるとよいのですが…。

それに、医師の紹介状が必要な病院もあって、
担当医の理解がない場合、難しくなります。

そんなぁ!と言いたくなります…;

もし、条件が揃わず、
ハイパーサーミアが受けられなくても、
温熱療法は他にもあるので、
がっかりしないでくださいね。

次回、自宅で出来る温熱療法を紹介しますから。

 

どんな状態の方が利用しているか…

 

〇基本的にはハイパーサーミア単独ではなく、
 抗がん剤などとの併用です。

 抗がん剤が効率よく浸透し
 治療成績が上がる例が多いそうです。

 

 〇手術でがんを取り除いた後に、
  取り残したガン細胞を死滅させる
 目的で使うケースもあります

 

〇がんの型や種類、原発・再発、初期・末期
 いずれも関係なく行えます。

 

〇局所がんでなく転移していても順番に治療可能です。

 

 何を期待するか

ハイパーサーミアで「治るのか
ということが一番気になる所ですよね。

ある程度進行している場合、
腫瘍を縮小したり、痛みを取ったりする
ことは、期待できそうですが…

 

常にそれを期待できるわけではありませんし、
治すことは難しいのかもしれません。

やはり、がんは簡単な病気ではありませんね。

しかし、QOLを維持、向上できるのが魅力ですよね。

効果的な治療法の一として
検討してみるのも良いのではないでしょうか。

ただ、治療のために単独で用いるタイプでは
ないと理解していただきたいと思います。

 

【 病院について 】

ハイパーサーミアは、どの病院にでも
あるものではありませんので、
コチラを参考に、あなたの近くの病院を
探してみてくださいね。

 ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.taishitsu.or.jp/hyperthermia/hyp5.html

 

 

関連キーワード
がんと温熱の関連記事
  • 【動画】がん細胞撃退!温熱療法5選
  • 交流磁気治療器なら、リラクゼーションパークベルト
  • がん患者さんが交流磁気治療器を買う理由
  • がん患者さんが購入するならこの治療器
  • 食べるコンニャクを温熱療法に使うって?!
  • 天平時代のがん温熱療法―ビワの葉温灸
おすすめの記事
がんと分子整合栄養医学
がん患者さんからよく聞く悩みの一つに「むくみがひどい」というものがあります。ぞうの足みたいになってしまうと、なんだか不安になっちゃいますよね...
がんと温熱
がん細胞は熱に弱いので、温熱療法が効果的! ということで、色々な温熱療法を以前もこのブログで紹介していたのですが、今回それをまとめて動画にし...