自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんと温熱

マラリアで、がんが消えた理由

闘うなら、相手の弱点をつくのが一番ですよね?!

ガン細胞の弱点は何でしょうか。

ガン細胞はに弱い!

という話、聞いたことはありますか?

旅先でマラリアに感染したがん患者さんが、
帰国して検査したら、がんが無くなっていた!
なんて話があるのもそのせいですよね。

マラリアの高熱でがんをやっつけてしまった訳です。

それを考えると、たまにはインフルエンザで
高熱を我慢してガン細胞をやっつけるというのも
一つの手なんじゃないか?と、
本気で思うのは私だけではないはず(笑)

 

1978年に国立予防衛生研究所から

人間の子宮がん細胞を取り出し、

32℃~43℃の間で温度変化を与えて

正常細胞と比較してみると、

39.6℃以上にした場合、ガン細胞は

10日くらいで全滅したが、

正常細胞は痛手を受けなかった

という実験結果が発表されました。

39℃以上になるとガン細胞が死滅することが
判明しているので、温熱療法はあなどれませんよね。

私も、ご相談いただくがん患者さんには、基本的に
栄養療法に温熱療法も加えることを勧めています。

(今後のブログの中でも様々な温熱療法をご紹介しますね♪)

 

38.5度で免疫を上げる!

 

ガン細胞が熱に弱いからだけでなく、
免疫力をアップさせるためにも、
体を温めることは心がけたい所です。

ガン細胞は35℃前後の低体温のときに
最も増殖するということは既にご存知の方も多いはず。

(ご自分の平熱をご存知ですか?
体重だけでなく、体温も測るようにしたいですね。)

ガン細胞が35度前後で増殖すると言っても、
ガン細胞が冷たいのが好き、ということではありません。

低体温だと免疫力が低下するため
ガン細胞をしっかり攻撃できずに負けてしまということなのです。

研究によると、免疫細胞の「マクロファージ」は
体温が38.5度になると活性化することが判明し、
体温上昇によって免疫も上昇する、と言われるようになりました。

体を温めて、高い体温を維持することは
がんの予防と対策に必須と言えますね!

 

体温を上昇させる代表的な食べ物

体を温める食材と言えば、代表格は「生姜」です。

 vcm_s_kf_repr_832x624

生姜は古くから薬として使用されていて、漢方薬にも
よくブレンドされています。

体温上昇効果、発汗作用、食欲増進作用、

基礎代謝アップ、脂肪燃焼、などの効果が知られていますね。

ちなみに、“すりおろし”などの生の状態だと温め効果はないようです。

調理して熱を加えるか、天日に干して使うべし!です。

個人的なお勧めは、しょうがのキンピラ。

美味しくて沢山食べられますよ♪

沢山刻むのが、ちょっと大変ですけどね。

 

 注意 * 体を温めるためにと、毎日生姜を取りすぎると

胃を痛めたり、生姜アレルギーになってしまったりします。

何でもやりすぎは禁物ですね。

コメントを残す