自分が自分の主治医になるための分子栄養学サイト

がんと貧血

【警告】ガン細胞は貧血好き(4)―間違った対策は更なる病気を招く!ヘモグロビンの材料を知ろう

赤血球

「貧血があるとがんになりやすいなんて聞いた事ない!」

と言われるかもしれませんね。

「福岡ではラーメンよりうどんが人気なんて聞いた事ない!」

というのと同じくらい意外?!

(…なんか違う?激しくすべってる?)

ということで、しっかりお伝えしたかったので

3回にわたって[がんと貧血シリーズ]をお届けして参りました。

==================== 

1)鉄欠乏性貧血に見られる症状
http://healthy-happiness.jp/?p=1624

2)貧血とがんの関係
http://healthy-happiness.jp/?p=1641

3)鉄欠乏を診断するために必要な検査
http://healthy-happiness.jp/?p=1661

 ==================== 

 

今回は対策編です。

最後を惜しむかのように長文になってしまったので、

結論だけ知りたい方は、

読み飛ばして最後の「まとめ」をご覧ください(笑)

 

仮に貧血と診断されると、

病院で処方されるのは鉄剤ですね。

あとは、ヒジキやほうれん草、プルーン

といった鉄分の多い食材を食べるとか?

 

 【警告】ガン細胞は貧血好き(2)の

最後に触れましたように、

実は貧血対策のこの材料

間違いがあるのです!

 

ヘモグロビンの材料は?

まずは、材料の説明です。

(ぷぷぷっ 料理番組みたい笑)

貧血ってことは、

ヘモグロビンを増やさなければいけませんよね。

ヘモグロビンの主な材料は?

 ↓

 ↓

 ↓

名前を分解すると良く分かります。

  • ヘモ = ヘム鉄
    グロビン = タンパク質の一種

なのです。

つまり、材料は

ヘム鉄タンパク質ということですね。

 

タンパク質に関しては

これまで書いたので動物性が

吸収が良いとご理解い頂いているとして…

肝心なのは鉄ですね。

 

鉄にも色々ある

栄養価の良い食事をすれば、

1日におよそ10mgほどの鉄を摂取できますが、

吸収されて体の中に取り込めるのは

約1mgくらいです。

鉄は非常に吸収が悪いのです。

 

鉄は大きく分けて2種類あります。

・無機鉄

・有機鉄(ヘム鉄)

無機鉄は、

果物や野菜、穀類に含まれる鉄

有機鉄(ヘム鉄)は、

動物性(特にレバーに多い)です。

 

お気づきの通り、プルーンは果物なので無機鉄です。

つまり吸収が悪い。

ほうれん草や小松菜、ヒジキ、プルーンといった植物由来の鉄で

貧血が治るという考えは間違いです。

もちろん、食物繊維や

他の栄養摂取目的で食べるのは良い事です。

でも貧血改善は期待できない

ということですね。

 

鉄剤はどう? 

病院で処方される鉄剤も無機鉄です。

副作用で吐き気、胃痛、下痢を訴える方もいらっしゃいます。

 

注意したい点として、

体に吸収しにくい無機鉄を

静脈注射で点滴し続けることは危険です。

肝臓や脾臓・皮膚・心臓・副腎・下垂体

といった様々な臓器に蓄積し

ヘモクロマト―シス

という障害を引き起こします。

===============

ヘモクロマトーシスとはどんな病気か

Gooヘルスケア

 http://health.goo.ne.jp/medical/search/10I20400.html

===============

 

ヘム鉄を摂るには

ヘム鉄が摂れるのは動物性という事なので

レバーや豚、牛といった赤肉、

卵、カツオやマグロのような赤身魚

をしっかり食べると良い訳です。

 レバー

鉄の吸収を上げるために

ビタミンCやB群も必要ですから

野菜・果物もしっかり食べましょう。

 

例えば…

ポークステーキにレモンを絞って食べると

タンパク質、ヘム鉄、ビタミンC、B

全部とれますよね♪

 

サプリメントで摂るなら、、、

サプリメントも、もちろん

ヘム鉄・プロテイン・ビタミンC・B群

が必要ということになります。

最近はドラッグストアでも

数百円のヘム鉄を置いていますが…

ヘム鉄がどれだけ入っているか

か~な~り~怪しい所(笑)

質の良いものを摂らないといけませんね。

 

まとめると・・・

がんは貧血好きということで、

鉄欠乏性貧血の対策をまとめてみました。

 

一般的に知られている方法で

貧血改善が難しい理由は

無機鉄という吸収の悪い鉄だからでした。

 

ヘモグロビンの材料である

ヘム鉄とタンパク質」を意識して

食事やサプリメントを摂ってみて下さいね。

 

がん予防のためだけでなく、

既にガンと闘っている方は

QOL(生活の質)の向上、

延命に繋がりますので

是非とも鉄欠乏対策に

取り組んで頂きたいと思います!

 

[お知らせ]

医療用のヘム鉄をご希望の方には

私が使っているものをお分けしたいと思います。

メーカーの意向でネット販売できないので、

数量、金額等詳細は個別にお知らせします。

詳細を知りたい方はヘム鉄希望とメールしてください。

メールはコチラから⇒http://healthy-happiness.jp/?page_id=81

 

コメントを残す