病院や薬にばかり頼りたくないあなたのための健康情報をお届けします。

がんを遠ざける生活習慣

[肥満とがん]がん予防食になる低GI食品。知っ得!

0d05f8bceee348fc1f70e07dcf871065_s

(減量シリーズの続きです)

がんを始めとした

生活習慣病の元凶になる

内臓脂肪異所脂肪を増やさないためには

脂肪の付きやすい食べ物を

減らせば良いはず。

 

ということで今回は、

「ダイエットしたい人が

最も気にするべきなのは

カロリーよりも○○なのです!」

…の、「〇〇」をお伝えします。

 

カロリー計算より
気にするべきなのは…?

 ↓

ヒントはこちら、

ラーメンライス

 

見たら食べたくなるや~ん♪

でも、これはアカンやつです。

ラーメン&ライス。

肥満への王道!!

炭水化物×炭水化物

   :

ということで、

内臓脂肪、異所脂肪を増やさないために

用心すべきなのは、
   ↓

   ↓

   ↓ ババン!


「糖質」
です!!


・・・な~んだ。

とか言わないでくださいね(笑)

ま~言われてみれば当たり前だと思うのですが、

実際は、なぜか、

「カロリー、カロリー」って、気にするでしょ?


健康的に痩せて、

なおかつ、リバウンドしないためには

糖質を制限するダイエットがオススメです。

(糖質とは、砂糖だけでなく炭水化物も含まれます。
ご飯、パン、うどん、ラーメンも糖質ですね)


先回書いたように、タンパク質をしっかりとって、

尚且つ糖質を制限するのです。

(カロリーを気にするとダイエットは失敗する⇒http://healthy-happiness.jp/?p=1290

 

甘いもの好きは脂を
溜込みがんリスクを上げてる!


脳や筋肉、その他臓器といった

必要な所へ糖をエスコートするのがインスリンです。


でも糖質を取りすぎていると

必要な所に糖を分配しても余ってしまいます。

糖が体に溢れるのは危険。


そこで、

インスリンは糖をどこか別のところに連れて行きます。

連れていく先は、「脂肪細胞

 

「捨てるともったいないし、

エネルギーが必要になった時の為に脂肪細胞に貯めておこう」

って訳です。

だからインスリンは「肥満ホルモン」と言われます

 

インスリンは糖質にしか反応しません

ですから、タンパク質や脂質を食べても太ることはありません。

(あ、もちろん食べすぎれば太ります 笑)

_______________

肉や脂質だけを食べて太るのは

極めて困難”ということをまとめたサイト、

面白かったのでご紹介しておきます♪

 http://toshitsu-seigen.com/not-possible-to-gain-weight-to-eat-the-meat-and-fat/

_______________

肉や油を控える

ヘルシーな感じのする食事や

「カロリー制限」の概念は

全く的外れだったということです。

 

カロリー制限しても糖が多ければ

糖は脂肪に変わり、

脂肪が蓄積して酸化すると

がん化しやすいのです!

 

低GI食品を食べよう! 

 

最近は、糖が脂肪に変わるこの仕組みを理解した上で

ローカーボダイエット」が人気になってきています。

(ただ、これも、極端に走らないで欲しいのですが…。)


ローカーボダイエットは

血糖値を急激に上げない

ために糖質を制限する

というものです。

 

この場合、カロリーよりも

GI値を気にします。

GI値とは : 食後の血糖値の上昇しやすさの指数

食物繊維(野菜)を先に食べる

と良いのも血糖値を上げないためです。


ダイエット中でなくても、

血糖値を急激に上げない

ようにするのはがん予防にも

生活習慣病全般にも良い事です!

 

ぜひ血糖値を急激に上げない

ように、野菜やタンパク質を

先に摂ることを癖づけたいですね。

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s

 
PS:その他、がん患者さんの

食事法をがっつりまとめた

レポートプレゼントがあります。

是非、日頃からご家族みな様でご活用ください。

http://healthy-happiness.jp/?page_id=83

コメントを残す